ホーム 次ページ >

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

笑う警官 09年日本

2009年11月28日 16:26

129.jpg
2009年11月17日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★☆☆☆☆☆☆

製作/監督/脚本:角川春樹

出演:大森南朋、松雪泰子、宮迫博之、忍成修吾、螢雪次朗、野村裕人、伊藤明賢、大友康平、矢島健一、鹿賀丈史ほか

原作:佐々木譲著「笑う警官」(ハルキ文庫 刊)

配給:東映

上映時間:122分

御大・角川春樹氏12年振りの監督作品。凡人では決して撮る事のできないスタイリッシュなタイムリミットサスペンスが誕生した。ちなみに春樹氏もチラッと出演している(刀を振り回す親分役で)。
警察の管轄する秘密アジトで、女性警官が殺害されるという事件が起こる。地元の刑事が現場に向うが、官僚クラスの命令によって早々に現場を立ち去る事になる。すぐに容疑者は浮上したがその事件と容疑者に疑問を持った所轄の警部補・佐伯は、信頼できる仲間と共に独自の調査を開始する。事件解決のタイムリミットは15時間、いま警察内部での攻防戦が始まろうとしていた。


(Yahoo映画レビューに投稿した「笑う警官」感想文)


いや~、何つーかある意味では非常に面白かったよ。

まあ普通に考えれば「ふざけんな!」って叫びたくもなるのも判るけどね。Yahooのレビューで平均点2点を切るって滅多にないよ。何だかんだで誰かしら助け船を出すから意外に平均点そのものは下がらないんだよねェ。いやいや、そういう意味でも凄い作品だよ。

それに何が面白いって、角川春樹は本気で造ったんでしょ?この作品。そこが他のボンクラ作品との違いだよ。私が評価を低くする作品って、造り手の本気度が見えないからなんだよねェ。もちろん一生懸命取り組んでいるとは思うんだけど、請け負った仕事と云う意識があるためか、どこかで手を抜いたり小馬鹿にしたりする片鱗みたいのモノが作品に表れちゃうんだよ。無意識だとしてもね。

だが角川春樹は違う。彼は全身全霊で作品に打ち込んでいる。だからこそこんな作品になっちゃったんだけど、春樹氏の気合いを作品から感じる事で、そんな些細な事どうでもよくなってくるだよ。作品全てを自由にコントロールできるのにこの出来栄えだよ?実際現場では全てを的確に指示して動き回っていたそうだ。それは自分の中に絶対的で明確なビジョンがあるって事なんだろう。

ただやっぱりオススメはできない。たまに劇場で観た作品がコレじゃあ泣くに泣けないでしょ。キワモノ観たさみたいなモノなので、観るなら自己責任で行って下さい。
スポンサーサイト

映画/邦画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

なくもんか 09年日本

2009年11月28日 15:04

128.jpg
2009年11月16日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★☆☆☆☆☆☆☆

監督:水田伸生

脚本:宮藤官九郎

出演:阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、皆川猿時、片桐はいり、鈴木砂羽、カンニング竹山、高橋ジョージ、陣内孝則、藤村俊二、小倉一郎、光石研、伊原剛志、いしだあゆみ他

配給:東宝

上映時間:134分

「舞妓Haaaan!!!」の宮藤×阿部×水田タッグによる作品で、クドカンとしては初めてホームドラマに挑戦した作品・・・らしい。ところで「舞妓Haaaaan!!!」って大ヒットしたの?
東京下町・善人通り商店街で、ハムカツ屋「デリカの山ちゃん」を営む兄の祐太は、8歳の頃父親に捨てられた過去を持つ。だが初代店主夫妻に実の息子のように育てられ、いまでは商店街の顔にまでなっていた。一方弟の祐介は、幼いころ母親を亡くし親戚をたらい回しになっていたため、処世術として覚えた笑いを生かそうとお笑い芸人になっていた。全く売れない祐介だったが、赤の他人金城大介と兄弟漫才「金城ブラザーズ」としてデビューすると、何故か爆発的に売れてしまうのだった。


(Yahoo映画レビューに投稿した「なくもんか」感想文)


クドカンって私と同い年の筈だから頑張って欲しいとは思うし応援したいんだけど、最近何かダメだなぁ。あまりにどうでもいい事を付け足しちゃうもんだから、結局の処何を言いたかったのかが判らなくなってしまうんだよねェ。というかそうやって誤魔化してんじゃないかと思うよ、最近は。

それを象徴するのが全編に渡る”茶化し”だ。レビューには書かなかったけど、人の”死”をも茶化す風潮があった。「不謹慎じゃねえか!」という事ではなく扱うタイミングの問題だと思うんだけど、どうも気に障るんだよなぁ。あまりにもノリ重視でやってしまうもんだから軽く受け流してしまいそうになるが、ああいう見せ方はちょっと感心しない。道徳心のバランスが壊れてんじゃないのか?と何だか心配になる。まあ私のような人間が偉そうに言う事でもないんだが。

ただまあそれでも「舞妓Haaaaan!!!」よりはマトモだった。「舞妓Haaaaan!!!」はヒドイ。あれは無い。何なんだろうか、あのテキトーさは。全てにおいて何事をも茶化し過ぎる。特に主人公が職業をコロコロ変えるシーンは、ヘタすりゃ悪意に取られかねないフザケっぷりだ。

私はふざけるなと云っているのではない、そこに愛情が感じられないのだ。愛情があるからこそ茶化し、ふざける事ができるのではないか?だからこそ笑えるのではないか?モノマネ芸人はモノマネする相手が好きだからこそ芸として成立するんじゃないのか?

愛情の無い茶化しはただバカにしているだけだ。本人にその気が無いとしても無意識にそうしてしまう事だってある。っていうかだったら始めからやるなって事なんだけど。何か最近のクドカンを見ていると、表現したい欲求と茶化したい欲求がゴッチャになってんじゃないかと思う事が多い。その境界線が自分の中でもグチャグチャになっちゃってんじゃないかなぁ?

映画/邦画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

脳内ニューヨーク 08年アメリカ

2009年11月28日 14:03

127.jpg
2009年11月15日シネマライズにて鑑賞

評価★★★★★★☆☆☆☆

監督/脚本/製作:チャーリー・カウフマン

出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、サマンサ・モートン、ミシェル・ウィリアムズ、キャスリーン・キーナー、エミリー・ワトソン、ダイアン・ウィースト、ジェニファー・ジェイソン・リー、ホープ・デイビスほか

原題:「SYNECDOCHE,NEW YORK」

配給:アスミック・エース

上映時間:124分

「マルコビッチの穴」や「エターナル・サンシャイン」の脚本家・チャーリー・カウフマン初監督作品。また天才脚本家と云われるカウフマンの脳内を覗き見するような不可思議な作品とも云える。
ニューヨークに住む人気劇作家のケイデン・コタードは、自分の手掛ける舞台の演出や、父親として上手に振る舞えない自分にイライラしてしまう毎日を送っていた。何とか舞台も千秋楽を迎えホッとしたのも束の間、突然妻が娘と共に家を出て行ってしまう。何とか帰ってきてもらおうと努力するものの、どうしても上手くいかない。そんな彼にマッカーサー・フェロー賞(別名”天才賞”)が贈られる事になる。多額の賞金を手に入れたケイデンは、あるプロジェクトの実行を決意するのだった。


(Yahoo映画レビューに投稿した「脳内ニューヨーク」感想文)


判りません!これが率直な感想。

チャーリー・カウフマンという表現者の感性を最大限利用した作品なので、ビビッとくる人はくるし、何も感じない人は何も感じない。これを頭の中で自分なりに整理し、解釈できたのならその人は素晴しい思考能力と豊かな想像力を兼ね備えた人だろう。何て羨ましい。

私はダメでしたねェ。もちろん人の思考がそんな整理整頓されていない事も理解できるし、意外にどうでもいい事の繰り返しで生きている人生の”もがき”みたいなモノも感じられたけど、それをそのまま映像化しちゃったんだもん、判らんよ。まあ映像化した事自体が凄いんだけど。

それとこの作品、売り方に問題があって、劇場予告などでは楽しげな雰囲気を漂わせているのだが、本編は相当シリアスであり難解なので覚悟した方がいい。実際そういう感想を持った人も多いだろう。まあドストレートに宣伝しちゃうと客足が遠のいてしまうのも否めないが。

映画/洋画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

ミニプラ モウギュウダイオー

2009年11月26日 15:47

「侍戦隊シンケンジャー」では最後となるミニプラ、「モウギュウダイオー」を紹介。
 024mod.jpg

続きを読む >

ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー コメント: 4 トラックバック: 0

千年の祈り 07年アメリカ/日本

2009年11月24日 18:27

126.jpg
2009年11月15日恵比寿ガーデンシネマにて鑑賞

評価★★★★★★★★☆☆

監督:ウェイン・ワン

原作/脚本:イーユン・リー

出演:ヘンリー・オー、フェイ・ユー、ヴィダ・ガレマニ、バシャ・リチニコフほか

原題:「A Thousand Years of Good Prayers」

配給:東京テアトル株式会社

上映時間:83分

北京出身の新鋭小説家イーユン・リーが英語で執筆した短編「千年の祈り」を、「スモーク」のウェイン・ワン監督によって映画化した作品。プロデューサーが日本人のため日米合作の作品でもある。
アメリカで暮らしているひとり娘が離婚した。心配になった父親ははるばる故郷北京から娘に会いにやってくる。だが娘はそんな父親を疎ましく思い、毎日料理を作って帰りを待つ父親との会話はほとんど無かった。娘を案じる父親は何とか娘と話をしようとするがどうしても上手くいかず、その内に娘は何かと理由を付け、とうとう家にすら帰ってこなくなってしまうのだった・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「千年の祈り」感想文)


今回ちょっと変わったレビューの書き方になってしまったが、これは映画の内容を説明しているのではなく、作品を観て私がこの親子の事を勝手に思い描き、書き殴っただけの文章になっている。作品の中でもある程度説明らしきセリフはあるが、それ以外は私の勝手な想像によるものだ。それほどこちらの想像を掻き立ててしまう魅力ある作品と云える。ただその分映画的娯楽要素は何も無いので、人によっては退屈な作品とも云えるだろう。

それと感想とは関係ないんだが、この作品は劇場予告の出来が非常に優れていて、予告自体を観たのは大分前ながらもずっと楽しみにしていた作品だった。そしてその期待は裏切られる事無く(正確に云えばほんの少しだけ下回ったが)、私にとっては面白いというより好きになってしまう作品となった。何だか取り留めの無い事を書いてしまったが、時々あるんですよ、予告を観ただけで面白さを確信してしまう事(ミッキー・ロークの「レスラー」何かもそう)。この作品にもその匂いがしたって事です。


ところで映画が毎月1日をサービスデイに設定し、その日は誰でも1000円で観れるというのはさすがにもう有名だと思う。劇場や系列によってはサービスデイを独自に設定し、集客を上げようと企業努力する事も最近では珍しくなくなっている(東宝がトーホーで14日とか)。

ただ私はそれを結構忘れてしまう事が多く、1000円なのに劇場に来る前にわざわざチケットセンターで前売り券を買っちゃうと云うヘマをやらかしてしまう。ただそれでも毎月1日とか東宝の14日は有名だから、忘れたコッチが悪いんだとまだ諦めも付くんだけど、この前この「千年の祈り」を観に行った恵比寿ガーデンシネマが、その日サービスデイだったのにはさすがに驚かされた。

・・・知るか!そんな頻繁にくる訳ないだろ!

劇場が2つしかない上に、上映する作品がクセのある作品ばかりなんだよ?そんなしょっちゅう脚を運ばないってーの!もちろん来る前にチケットセンターで前売り券買ったさ!1500円出してさ!

・・・500円はでかいよなぁ(泣

映画/洋画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ 09年アメリカ

2009年11月24日 16:59

125.jpg
2009年11月14日TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞

評価★★★★★★★★★☆

監督:サーシャ・ガバシ

出演:スティーヴ・”リップス”・クドロー(ANVIL)、ロブ・ライナー(ANVIL)、ラーズ・ウルリッヒ(Metallica)、レミー(Motorhead)、スコット・アイアン(Anthrax)、スラッシュ(Guns N’Roses/Velvet Revolver)ほか

原題:「ANVIL! THE STORY OF ANVIL」

配給:アップリンク

上映時間:81分

1980年代に一度だけ脚光を浴びたが、以来30年間に渡ってその存在を忘れられたヘヴィメタバンド”アンヴィル”。この作品はその”アンヴィル”の全てを語った男泣き必須のドキュメンタリーである。
カナダのトロントで結成され、1982年にアルバム『メタル・オン・メタル』をリリースし、音楽業界に様々な影響を与えた人気バンド”アンヴィル”。だが彼らはスターダムにのし上がる事無くその存在を忘れられてしまう。それから約30年、地元でしがない仕事をしながらもバンド活動を続けていたアンヴィルのリップスとロブは、未だ名声と富を得る夢を諦めてはいなかったのだが・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~」感想文)


この作品の主役である”アンヴィル”のリップスとロブの事をどう捉えるかによって、作品の観方はかなり変わってしまう。普通に、しかも身近に捉え考えてしまうのならこんなに迷惑な連中はいない。50にもなろうと云うのにまともな職には付けず、傍から見れば叶う見込みの無い夢をいつまでも追い続け、家族や親戚にまで迷惑を掛けっぱなしなのだ。そんな彼らを肯定的に捉える方に無理がある。

だがそれでもこの作品を観た後では彼らに対しどうしようもない愛情が沸いてしまい、「何か頑張ってくれよ!」とエールを贈りたくなってしまう。何故か?彼らが至って”本気”だからだ。何故あんな真っすぐな眼で真っ直ぐな夢を語れるのかホント理解不能なんだけど、その自分のちっぽけな常識をこれでもかと覆すパワーを持っているため、否応なし(と云うか無意識に)で感服してしまうのだ。

この精神力の強さは正直羨ましいとさえ思う。私には全くと言っていいほど無い強さだからだ。だがそれは見方を変えれば”勘違い”とも云える危険性をも孕んでいる。くじけない心を持ち合わせてしまったばかりに、止めてもいい筈の夢をいつまでも追い続けなければならなくなってしまうからだ。それを他人が”浅はかな負け人生”と批難しても、受け止めるべき現実に何ら変わりは無い。

それに他人であればあるほど(無責任な言い方をしてしまうと)、夢を追い掛けるという響きそのものに甘美な香りがするし、素晴らしい生き方だと軽はずみに言ってしまう事もある。それが本人にとってどれほどの重圧になるかを考えないで。だからそれ(夢)を結果的には諦めたとしても、自分自身のためにはそれでよかったと云えなければこの先があまりにも苦しくなってしまう。というか、そう捉えなければならない事の方がダントツに多いのが今の世の常じゃあないだろうか?

今現在TVや雑誌などで紹介されている夢を叶えた人たちって云うのは、その殆どが結果的に”成功者”になった人物であって、その裏では何万倍の人たちの挫折がある事を人はうっかり忘れてしまう(成功者が死ぬほど努力したのはもちろんだが)。軽はずみに成功者を褒め称えてしまい、あわよくば「自分たちもいつかは・・・」という思いを抱き、叶わない確率のダントツに高い叶うかもしれない夢にすがってしまう。

ただしこれは普通の人の場合であって、”アンヴィル”のリップスとロブは夢に対する本気度の次元が違う。だからこそ無謀とも云えるその生き様を応援したくなり、ロックに対する献身的生き方に思わず泣いてしまう。未だ成功者でない連中の夢を追い続けるというドキュメンタリーが成立するは彼らだからこそだ。彼らがどれほど社会に適用できないダメ人間だとしても、目指す方向そのものが普通の人たちとは違うのだ。

その生き方を簡単に批難できるほど、私は誇らしく生きてはいない。

映画/洋画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

ミニプラ外伝 超えろ!シンケンジャー

2009年11月24日 12:21

正式にはミニプラに属さないですが、 「極めろシンケンジャー」同様ミニプラとの連動があるので記事にしました。

   003kos.jpg


続きを読む >

ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー コメント: 0 トラックバック: 0

大洗にも星はふるなり 09年日本

2009年11月20日 15:20

124.jpg
2009年11月13日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★☆☆☆☆☆☆☆

監督/脚本:福田雄一

出演:山田孝之、山本裕典、ムロツヨシ、小柳友、白石隼也、安田顕、佐藤二朗、戸田恵梨香ほか

原案舞台:ブラボーカンパニー同名作品

配給:日活

上映時間:103分

「33分探偵」や「THE3名様」を手掛けた人気構成作家(らしい)福田雄一による初監督作品。「舞台の方が面白いんじゃないの?」と思っていたが、よく調べてみると原案は舞台のようだ。納得。
あるひと夏の間”海の家”でバイトをしていた6人の男たち。そこで働いていたマドンナ・江里子から手紙が届く。『まだ海の家残っているみたいですよ。もしよろしかったら、イブの日にまたそこで会いたいな』・・・だが手紙はみんなに届いていたようで、かつてのバイト仲間が勢揃いしてしまう事に。しかも「江里子の本命はこの中にいる!」と勝手に決め付け自己アピールを始めてしまうのだった。


(Yahoo映画レビューに投稿した「大洗にも星はふるなり」感想文)


シチュエーションコメディとしてはそこそこ面白いし、最後まで飽きずに観る事ができた。ただまあ映画で観る作品かどうかは微妙だなぁ。元々舞台劇であったこの作品を映画にしたかった意図も、結局の処はよく判らないし。何でもかんでも映画化だな、最近は。

ただまあレビューにも書いたけど、山田孝之の壊れっぷりは最高だった。彼は作品そのものには恵まれない気もするが、若手では格段に演技が上手いと思っていたので、こういうのもイケるんだ!と改めてその実力を再確認した。もっといい作品に巡り合ってもいいと思うんだけどなぁ。

話は変わるが、この作品の福田監督が手掛けたTVドラマ「33分探偵」ってそんなに面白い?始めの2話しか観ていない自分が云える事ではないのかもしれない(というか観るに堪えれないので止めた)けど、何ちゅうか結局何をしたいのかがサッパリ判らないんだよねェ。あの作品が世に認められるって事は、私にはモノを見る目が無いんじゃないのかとちょっとだけ真剣に思い悩んでしまったよ。

まあ好みは人それぞれだからねェ・・・。いまひとつ納得はいかないが。

映画/邦画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

ガシャポン一発ネタ

2009年11月20日 09:07

あるサイトで紹介されていたのですが、食玩で発売されている「超えろ!シンケンジャー」にラインナップされている「モウギュウバズーカ」などは、「極めろ!シンケンジャー」同様にミニプラと連動させて遊ばせる事ができるそうなので、急きょ購入する事に。

   132.jpg

相変わらずパッケージには何にも記載されとりません。バズーカですよ、バズーカ。持たせて構えられたらカッコイイでしょ!何でそれを宣伝しないんだろうかねェ?まあ近々紹介できたらいいかなと。


それと昨日(11/19)の夜、映画を観た帰りにガシャポンを陳列しているラインナップを見ていたら急に回したくなりまして、ついついやらかしちゃいました。「ガンダムユニコーン」という作品の素立ち立体フィギュアで、1回300円×5種のちょっと高めの商品なのですが・・・・





   130.jpg


これだけ回しても、ガンダムユニコーンが出ない!


在庫無くなるまで回したのに!!


あんまりなんで、一発ネタとして記事にさせて貰いました。

何らかのカタチでユニコーンを手に入れられたら改めて紹介・・・しようかな?

特撮・玩具的雑記 コメント: 2 トラックバック: 0

僕らのワンダフルデイズ 09年日本

2009年11月18日 18:07

123.jpg
2009年11月12日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★★☆☆☆☆

監督:星田良子

出演:竹中直人、宅麻伸、斉藤暁、稲垣潤一、段田安則、浅田美代子、紺野美沙子、貫地谷しほり他

音楽アドバイザー:奥田民生

主題歌:「雲海」奥田民生

劇中歌:「僕らの旅」「ドキドキしよう」シーラカンズ

配給:角川映画

上映時間:112分

どういう意図で誕生したのか全く不明な作品で、いまどきと思うオリジナルな物語をよく映画化にまでこぎつけたなと疑問ばかりが浮かんでしまった。まあそこそこ面白かったんでいいんだけど。
食品会社に勤める平凡なサラリーマン(かどうかは疑問だが)藤岡徹は、入院先の病院で偶然自分が末期の胆嚢癌であり、余命半年である事を知ってしまう。告知をしないつもりの妻には相談する事もできず、徹はひとりで塞ぎ込んでしまうのだった。ある日息子の文化祭に引っ張り出された徹は、そこでバンド演奏を目撃し自分たちの高校生時代を思い出す。そして当時の同級生たちに声を掛け、当時のバンド”シーラカンズ”を復活させたいと願い出るのだった。


(Yahoo映画レビューに投稿した「僕らのワンダフルデイズ」感想文)


何と云うかベタなのは間違いないんだけど、どこか独特な雰囲気のある作品でもあるんだよなぁ。劇場予告を観た限りでは、とてもではないが面白そうな気はしなかったし、実際観始めたときは予想通りに展開する物語に「やっぱりこんなもんかなぁ」なんて思っていた。悪いけど。

だけど観終わってみると泣いてしまったし、作品を好きになってしまったりもした。もちろんレビューでは何度も書いているけど、作品の完成度はお世辞にも高いとは云えないし、その評価は今も変わりは無い。それでも何故だか気持ちよく感傷に浸れる作品なのだ。自分でも不思議なんだけど。

色々考えてみたけど、レビューに書いている以上の事は思い浮かばなかった。もしかしたら感傷的な気分になり易いのは年のせいなのかなぁ?それはそれでショックだったり。

映画/邦画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。