FC2ブログ

ホーム

超電王トリロジー/EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ 10年日本

2010年06月30日 18:37

371.jpg
2010年6月19日ワーナー・ブラザーマイカル浦和御園にて鑑賞

評価★★★★☆☆☆☆☆☆

監督:柴崎貴行

脚本:米村正二

出演:戸谷公人、古川雄大、秋山莉奈、松本若菜、溝口琢矢、松元環季、永田彬、上野亮、石丸謙二郎ほか

声の出演:関俊彦、遊佐浩二、てらそままさき、鈴村健一、高橋広樹ほか

原作:石ノ森章太郎

配給:東映

上映時間:約70分

超電王 THE MOVIE第二弾、三作中ラストを飾る作品。「電王」の世界観とは異なる「ディケイド」から参戦した身勝手お宝ハンターこと、海東大樹が主役の話。何でもアリだが、作品としては三作中一番マトモかも。
良太郎とモモタロスたちがイマジンを追っていると、そこにイマジンに憑依された海東大樹が現れる。何故か良太郎に会う事が海東の願いだったらしく、願いを叶えたイマジンはさっさと過去へ飛んで行くのだった。イマジンを追って過去へ飛んだ良太郎たちはすぐに見付けて倒すものの、その隙に海東がデンライナーを乗っ取ってしまう。イマジンはデンライナーを乗っ取るための時間稼ぎのオトリだったのだ。


※この作品はYahoo映画レビューに投稿してません。


「電王」・・・ではない「ディケイド」の、それもディエンドが主役の物語で、脚本もいつもの小林靖子女史ではなく「ディケイド」の後半のメインライターを務めた米村正二氏だった事もあり、大分期待薄で観に行ったような気はするが意外に面白かったのは嬉しい誤算と云える。新造形のNEW電王や、ディエンドの進化系なども登場し、映画的豪華さも3作中一番あったようだし。まああくまで3作中で一番ではあるが。

別にアンケートを取った訳ではないから真実のほどは判らないが、海東大樹に感情移入する人って少ないと思うんだがどうだろうか?彼を主役に持ってくること自体不思議だったし、結構な冒険だと私は捉えてしまった。ただそうなると新キャラの存在が非常に重要になってくる(というか作品の良し悪しは彼で決まる)のだが、これが初登場の印象とは裏腹に上手い具合に転がってくれたように感じられた。



※ちょっとネタばれしてます

新キャラの黒崎レイジは(過去の出来事が影響し)人を信じる事ができないという設定で登場する。だがお宝しか信じていない(ように見える)海東大樹に対して人間性を見出したときに、自身の価値観との間に化学反応を起こすのだ。この黒崎の人としての成長が意外とスンナリ受け入られたのは、その対象であるキッカケが海東というロクデナシだったからに他ならない。おそらく人のいい良太郎がいくら説得しても黒崎は変わらなかっただろう。

ある意味近い境遇を味わってきた者同士(具体的な提示はないけど)だからこそ耳を傾ける事ができたという、少し突っ込んだ人間性と人との関係性が描かれていた事が面白く感じた理由だと思う。特に子供っぽいといえる電王の世界観に大人な要素を無理なく持たせるには、実は海東のような破天荒であり、一匹狼であり、結局はよく判らない妙なキャラクターが適任だったのだ。それをもし先見の目で捉えてたのならさすがといえるだろう。


しかしまあ何というかやっと三作観終わったよ。それにしてもやっぱりキツイよねェ、2週間ごとの公開ってのは。それも公開館数の少なさと上映回数の少なさに予想以上に苦しめられたってのはどうなのよ?シネコンでの公開はしょうがないとしても、せめて一週でもレイトショーはやって欲しかったなぁ。そうすれば無理なく観に行けたのに。・・・まあそれはあくまで私の都合なんだけど。

あとは夏の映画を楽しみに待つとしましょうかね。映像や情報を見る限りかなり期待できそうだし。
スポンサーサイト



映画/邦画/2010上半期 コメント: 0 トラックバック: 0

FLOWERS フラワーズ 10年日本

2010年06月30日 16:59

364.jpg
2010年6月18日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★☆☆☆☆☆☆☆

監督:小泉徳宏

脚本:藤本周/三浦有為子

出演:蒼井優、鈴木京香、竹内結子、田中麗奈、仲間由紀恵、広末涼子、大沢たかお、井ノ原快彦、河本準一(次長課長)、駿河太郎、三浦貫大、平田満、真野響子、塩見三省、長門裕之ほか

主題歌:「ねぇ」/DREAMS COME TRUE

配給:東宝

上映時間:110分

昭和初期から平成まで3世代に渡って激動の時代を生き抜いた6人の女性にスポットを当て、それを日本を代表する6人の女優に演じさせた・・・という企画ありきの作品。どうも大貫卓也ってのが諸悪の根源らしい。
昭和11年。先進的考えを持つ凛は、親同士の決めた結婚にどうしても納得できないでいた。家族揃っての最後の晩餐でも、その事で父親と喧嘩になってしまう。時代は変わり平成の現代。ピアニストを目指し東京へ上京していた奏は、自分の才能に限界を感じると共に恋人とも別れてしまい、人生の岐路に立たされていた。祖母の葬儀で久し振りに帰郷したが、妹である佳に自分の抱える悩みを見破られてしまい・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「FLOWERS フラワーズ」感想文)


宣伝文句ばかりが大げさで中身の無い作品。正直キライなタイプの作品でもある。企画・製作総指揮の大貫卓也が誰かは知らないが、畑違いな分野に手を出すならもっと腹括ってやってくれよと思う。それと製作プロダクションの「ROBOT」、「ALWAYS」の成功を何処まで利用するんだ?作品やるたびにCGの質が落ちているのは私の勘違いか?最低限見られるのを作ってくれよ。いくらなんでも今回はヒド過ぎるだろ。

これ任された監督もかわいそうだよなぁ(・・・あくまで妄想です)。こんなCMの延長みたいな作品、やりたくなかっただろうに(・・・だから妄想です)。映像と演出がモロ年寄り好み(特に昭和!)なんだもん、監督なんて名ばかりで自分のやりたい事なんて一切できなかったんでしょ(何度云えば判るんだ!妄想だよ、も・う・そ・う!)。はぁ~、仕事って大変だよねェ・・・現実ってもっと辛いよねェ・・・。そういう意味じゃあ、あんたエライよ!よく完成させたよ!こんな作品なのに!・・・もしノリノリでやっていたらどうしましょ?

とまあ冗談はこの辺で。とにかく私には何の引っ掛かりも無い作品だって事を言いたかっただけです。

映画/邦画/2010上半期 コメント: 0 トラックバック: 0

孤高のメス 10年日本

2010年06月30日 15:26

363.jpg
2010年6月17日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★★☆☆☆☆

監督:成島出

脚本:加藤正人

出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、重松豊、成宮寛貴、矢島健一、平田満、余貴美子、生瀬勝久、柄本明ほか

原作:大鐘稔彦著「孤高のメス」

配給:東映

上映時間:126分

実際に医療に携わっている大鐘稔彦の同名小説を映画化した作品。監督は「フライ・ダディ・フライ」「ミッドナイトイーグル」の成島出。”医療問題に鋭く切り込むドラマ”とあるが・・・ちょっと違うと思うぞ。
医師を目指し研修中の中村弘平は、母の葬儀を済ませ遺品を整理していると、母・浪子が看護師として勤務していた当時の日記を見付ける。1989年、ある地方都市。浪子の勤める地方の市民病院では、患者のたらい回しや手術での不備が日常化しており、浪子は仕事への意欲を失くしてしまっていた。そこへ大学病院から当麻という外科医が赴任してくる。始めは他の医師同様いけ好かないと感じていた浪子だったが・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「孤高のメス」感想文)


この作品が世間的に評価が高くなるのは当然だと思う。まず作品として面白いと思ったし、当麻のあの人間性は弱者である患者にとって神様と云わんばかりの完璧さで、それを堤真一が渾身を込めて演じているのだから惚れてしまうのも十分理解できる。私のような偏屈な意見はそれこそ極々少数派だろう。

それでも私には当麻と云う人間が怖いと思った。人としてあまりにも純粋すぎるからだ。作品を観る限り一点の曇りもない様に描かれてしまっているが、それはむしろ人から遠い存在にしか見えず、場合(人)によっては崇高な存在として崇めてしまいそうな人物像にも感じた。”究極の理想を具現化してしまう”事が何を招くか私には判断などできないが、あまりに軽々しく肯定はできない・・・と思う。

それとは別に、物語がそれほど面白くなかったってのも評価を下げる要因ではあった。結構なご都合主義で、道しるべがクッキリ見渡せるくらい展開が判りやすい。出てくる人は善人ばかりだし、悪の要因をヤブ医者たちだけに押し付けてしまう単純さは、ストーリーテラーとしてのレベルの低さを露呈してしまっている。そんな単純な構造じゃあないでしょ?人間社会ってやつは。

それでもヘッポコ日本映画に比べれば大分マシだけど。

映画/邦画/2010上半期 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード