ホーム 次ページ >

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

小さな村の小さなダンサー 09年オーストラリア

2010年09月30日 13:38

433tii.jpg
2010年9月12日シネスイッチ銀座にて鑑賞

評価★★★★★★★★☆☆

監督:ブルース・ベレスフォード

脚本:ジャン・サーディ

出演:ツァオ・チー、ジョアン・チェン、ブルース・グリーンウッド、アマンダ・シェル、カイル・マクラクラン、グオ・チャンウ、ホアン・ウェンビン、ジャック・トンプソンほか

原作:リー・ツンシン著「小さな村の小さなダンサー」

原題:「MAO’S LAST DANCER」

配給:ヘキサゴン

上映時間:117分

アメリカへ亡命したバレエダンサー、リー・ツンシン自身の著作による自伝的半生を描いた同名小説を映画化した作品。主演に本物のバレエダンサーを招いた事で、本物の迫力を感じられる作品となっている。
1961年、中国の山東省で7人兄弟の6番目の子として生まれたリー・ツンシンは、11歳で親元を離れ北京の舞踊学校で英才教育を受ける事となる。閉鎖的環境の学校ではあったが良き先生にも恵まれ、リーはいつしか逞しい青年へと成長していった。あるときリーのいる舞踊学校にヒューストンのバレエ団が訪れる。主任のベンはリーの才能に惚れ込み、アメリカへ研修へ来ないかと誘うのだが・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「小さな村の小さなダンサー」感想文)


レビューではちょっと偏った描き方かもしれない事を匂わしたが、実際はそんな印象はあまりなく、事実に沿って忠実に描こうとする努力を惜しまない作品だった。原作が本人自身である事、製作がオーストラリアである事を踏まえ、単純な善悪で判断すべきではない、という意味を込めて書いたら回りくどくなってしまったようだ。

”国を背負う”んだから、そんな単純な価値観で判断すべきではない。どちらも正しいと信じてこその判断だし、どちらも彼のためを思っての行動であって、そのやり方に違いはあってもその想いに嘘は無い筈だ。ただどうしても中国側に”お国のため”という思想が強く表れてしまうため(年代的にも実際そうだろうと推測はできる)、アメリカ側の本人の意思を尊重するやり方に比べ間違った対応に見えてしまう。

別にどっちの味方とかではなく、どちらにも信念があってこそ、それだけは理解すべきだろう。リー・ツンシン自身もそれを判っていて書いた自伝だろうし、この作品もそれら全てを踏まえ造られている・・・筈だ。亡命したからといって国を捨てる事にはならないし、生まれた国は死ぬまで変わりはしない。”間違っているから否定する”では何も見えてきやしない、受け入れるからこそ未来へと繋がるのだ。

・・・何を言ってんのか判らなくなってきたが、まあ結局は観た人が判断するって事で。
スポンサーサイト

映画/洋画/2010下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

終着駅 トルストイ最後の旅 09年イギリス/ドイツ/ロシア

2010年09月30日 11:45

432toru.jpg
2010年9月12日TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞

評価★★★★★★★☆☆☆

監督/脚本:マイケル・ホフマン

出演:ヘレン・ミレン、クリストファー・プラマー、ジェームズ・マガヴォイ、ポール・ジアマッティ、アンヌ=マリー・ダフ、ケリー・コンドン、ジョン・セッションズ、パトリック・ケネディほか

原作:ジェイ・バリーニ著

原題:「THE LAST STATION」

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

上映時間:112分

ロシアの文豪トルストイの晩年を、その妻ソフィヤとの確執を交えながら一番弟子の視点で描いていく作品。妙な敷居の高さを感じるが実際そんな事は無く、愛に満ち溢れた作品になっている。・・・あー恥ずかしい。
ロシアが生んだ偉大な作家・レイ・トルストイとその妻ソフィヤは、様々な困難や確執があったものの50年に渡り公私共々日々を送ってきたが、人生の終盤に差し掛かり弟子たちが、トルストイ主義とされる新興宗教普及のため全ての財産と著作権権利の放棄を訴え掛けてくる。妻であるソフィヤは弟子の陰謀だとレイに進言するも中々聞き入れて貰えず、夫婦間の溝は深まるばかりであった。そんな折、新たな助手がやってきて・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「終着駅 トルストイ最後の旅」感想文)


あくまでこの作品での描かれ方を見て思った事だが、世間的にはバッシングを受けていたらしい妻・ソフィヤの、妻としての務めやそうならざるを得ない気持ちが痛いほどよく判る・・・ような気がした。夫と家族を愛し、何より”家(家族)を守らなくてはならない”というその想いが、一見すると狂人に見えたかもしれないが、それほどまで必死であり命がけである気持ちの表れだと思え、ただただ愛情表現でしかない事が判ってくる。人は己の常識や知識・価値観によって他人を評価してしまうものだが、それが如何に愚かなのかを思い知った。

とはいっても人である以上、それは一生背負う人間性であって仕方のない事かもしれない。例えばTVに出てる有名人の印象はTVを見て判断するしかない(よほど好きなら別)のに、みんな自分なりに評価を下すでしょ?その人を理解などしていないのに。まあ何が正しいかを検証する術が無いんだから判りようも無いけど。

そう、判りはしないのだ、結局は他人なのだから。それでも勝手に評価しちゃうんだよねェ、人間ってヤツは。考えてみれば怖い人間性なんだけど、誰しもが持っているのも確かであってだからこそ軽はずみにはしたくない。常にそう心掛けられればいいんだけど、難しいよねェ・・・。

映画/洋画/2010下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

機動戦士ガンダム S3F RX-78-2 超巨大 最大級サイズプライズ

2010年09月30日 10:22

貰いモノなんですが、プライズにて登場したスーパーサイズソフビフィギュア(S3F)というシリーズのRX-78-2ガンダムを簡単に紹介しうようかなと。

     036sssfg.jpg

ちなみにコレくださった方は、1回で取れたそうです

続きを読む >

その他の玩具 コメント: 2 トラックバック: 0

機動戦士ガンダムOO FG(ファーストグレード)シリーズ

2010年09月24日 05:52

先日ようやっと(っていうか今更)TVシリーズの「ガンダムOO」を見終わり、劇場版も本日(9/23)観てきたって事で、ホントこれこそ今更何だけど「OO」の放送開始時に発売されたガンプラ、FG(ファーストグレード)シリーズの4体を紹介しようかなと

     049fgoo.jpg

発売後すぐ購入し塗装・組み立てしたモノです。でもTVシリーズは全く見ず、その後発売されたHGシリーズも一切購入しないという、自分でもどういう心持で作品に接したかったのか、今ではよく判りません・・・

続きを読む >

その他の玩具 コメント: 8 トラックバック: 0

ハナミズキ 10年日本

2010年09月22日 21:35

430hana.jpg
2010年9月11日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★☆☆☆☆☆☆☆☆

監督:土井裕泰

脚本:吉田紀子

出演:新垣結衣、生田斗真、蓮佛美沙子、ARATA、木村祐一、松重豊、向井理、薬師丸ひろ子、徳永えり、金井勇太、小柳友、高橋努、林愛夏、水島かおり他

主題歌:一青窈「ハナミズキ」

配給:東宝

上映時間:128分

一青窈のヒット曲「ハナミズキ」をモチーフとした10年にも及ぶ純愛ラブストーリーを、「涙そうそう」の監督・脚本コンビで映像化。主演は「恋空」の新垣結衣。・・・自分に引っ掛からないキーワードばっかだな。
漁師としての家業を継ぐため水産高校に通う康平は、運転免許取得に向かう電車の中で同学年らしき女性を目撃する。その女子高生・紗枝は、大学推薦のための面接を受けに向かう途中だったが、事故により電車は立ち往生、困った紗枝は康平に助けを求める。だが康平は仮免中であるにも関わらず無断で自動車を運転、事故まで引き起こしてしまった。結局紗枝は面接に間に合わず推薦は取り消し、康平は停学処分になり・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「ハナミズキ」感想文)


この作品が自分に向けて作られていないのは百も承知だが、46歳のおっさん演出家と、49歳のおばちゃん脚本家によって生み出されたこの作品が”今”を捉えているとは到底思えない。もちろん年齢など感じさせない作り手は幾らでも存在するが、この作品には40歳のおっさんでさえ古臭いと感じる事ばかりが描かれており、とてもではないが表現者たる者の所業とは云えない。ひょっとして時代錯誤が回り回って受け入れられたのか?なんて意味不明な思考さえ浮かんでしまう。

だがそれだけならまだいい。単にTV屋が作る映画だと文句を言えば済むのだから。一番腹が立ったのがレビューでも触れている”9.11”と”イラク戦争”の扱い方で、ホント恥を知れと言いたい。これまで様々なカタチにおいてそれらを扱った作品が生みだされてきたが、その全ての作品に謝って欲しい。そのくらいスッカラカンで中身の無い訴え掛けにしか見えない。・・・そもそも訴え掛けているようには見えないんだけど。

もし、もしだよ?それを扱う事に対して相当な覚悟と意義を持って挑んでいるのなら、それこそ脚本家なんか止めるべきだ。全くをもってな~んにも伝わりゃあしないじゃないか。一体何のために本を書いているんだ?何かを表現したいからじゃないのか?例え見た目に変だって、例え人間失格な奴が主人公だって、魂を込めてさえくれたらどんなに不器用であってもそれは紛れもなく表現に成り得るんだよ。それなのにカッコばっかで何にもない。何度も言うがそれだけならまだいい、そのクセ時代に乗っかろうとする、その根性があさましいんだよ。

まあそれより何より、薬師丸ひろ子が極度におばちゃん化してしまった事にビックリしたが。大丈夫か?

映画/邦画/2010下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

悪人 10年日本

2010年09月22日 20:00

429aku.jpg
2010年9月11日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★★☆☆☆☆

監督/脚本:李相日

原作/脚本:吉田修一

出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、塩見三省、池内万作、光石研、余貴美子、井川比佐志、松尾スズキ、山田キヌオ、宮崎美子、永山絢斗、樹木希林、柄本明ほか

音楽:久石譲

配給:東宝

上映時間:139分

朝日新聞夕刊に連載されていた吉田修一執筆による犯罪ドラマを、「フラガール」の李相日監督で映画化。主演の深津絵里が、モントリオール世界映画祭で主演女優賞を受賞した事が話題になった作品でもある。
女性保険外交員である佳乃は、知り合いであるお金持ちの大学生とドライブをした夜、何者かによって殺されてしまう。警察は当初その大学生を容疑者として捕えたのだが、佳乃が出会い系サイトで知り合った土木作業員・清水祐一が捜査線上に浮上してくる。一方祐一は、以前一度だけメールでやり取りをした事のある女性から突然”会って話がしたい”というメールを受け取る。戸惑いながらも会いに行った祐一だったが・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「悪人」感想文)


意外に評価の難しかった作品。扱うテーマや役者陣の健闘、リアリティ溢れる作風など、非常に質の高い作品として仕上がっているのにも拘わらず、イラっとするほど説教臭いのだ(感じ方は人それぞれだと思うが)。特にテーマにおける訴え掛けをセリフに頼ってしまっているのが致命的で、それが(極端に云えば)”演説”として聞こえてしまう。どうも私はテーマを明確化し表現されると「軽いなぁ」と捉えてしまうようだ。

もっと言ってしまえば、作品としての質が高いからこそよけいに気になったのだと思う。あえてセリフにしなくても、描写の積み重ねによって観客に感じてもらえるよう演出する事もできた筈だ。何でもかんでも具体化するのではなく、観る側が考え、悩み、自分なりの答えを導き出す、そういう作業こそ映画を観る醍醐味ではないだろうか?残念ながら最近はそういった作品が顕著に減ってきてしまっているのだが。

まあ満島ひかりの真髄を感じられただけで満足はしてるんだけどねェ。

映画/邦画/2010下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

食玩 仮面ライダーオーズキット

2010年09月22日 16:33

絶賛放映中の「仮面ライダーオーズ」より、食玩として発売された「オーズキット」を紹介

     002kokod.jpg

続きを読む >

仮面ライダーオーズ/玩具 コメント: 4 トラックバック: 0

カプセルゴセイヘッダー3

2010年09月20日 16:24

ガシャポンにて発売されたカプセルゴセイヘッダーの第三弾を紹介

     047cgh3.jpg

なんちゅうかまあ、何の見所も無いんですけどね・・・

続きを読む >

カプセル合体/戦隊シリーズ コメント: 4 トラックバック: 0

OCC 01 仮面ライダーオーズ タトバ コンボ

2010年09月18日 21:38

今期の新仮面ライダー「仮面ライダーオーズ」より、OCC(オーズコンボチェンジ)シリーズ第一弾として発売された「タトバ コンボ」を紹介

     045occ01.jpg

発売されてからちょっと時間が経ってしまってますが、実は買うかどうかを悩んでいたんですよねェ。・・・今後買うかどうかも今のところは未定です

続きを読む >

仮面ライダーオーズ/玩具 コメント: 2 トラックバック: 0

コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら 10年アメリカ

2010年09月17日 16:06

428kop.jpg
2010年9月5日シネスイッチ銀座にて鑑賞

評価★★★★☆☆☆☆☆☆

監督:ケヴィン・スミス

脚本:ロブ・カレン、マーク・カレン

出演:ブルース・ウィリス、トレイシー・モーガン、アダム・ブロディ、ケヴィン・ポラック、ギレルモ・ディアス、ショーン・ウィリアム・スコット、アナ・デ・ラ・レゲラ、ショーン・カレン、ジェイソン・リーほか

原題:「COP OUT」

配給:ワーナー・ブラザーズ映画

上映時間:107分

「モール・ラッツ」「ドグマ」など独特の切り口のコメディを連発してきたケヴィン・スミスが、初めて他人の脚本を用いて演出した作品。主演は「ダイ・ハード4.0」で役者として共演したブルース・ウィリス。
NYの腕利きベテラン刑事のジムと、口だけは達者な映画オタクな相棒ポールは、9年間もの間多くの難事件を解決してきた名コンビだ。今日もメキシコ系ギャングの麻薬取引に関わる重要な情報を、ポールとジムによる機転の利いた取り調べによって売人から聞き出し、取引現場となっている携帯電話ショップへと向かうのだった。だがポールのうっかりミスによって犯人は逃亡、2人は停職処分になってしまうのだった・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「コップ・アウト 刑事(デカ)した奴ら」感想文)


こういったバカっぽい作品は好きだし、監督のケヴィン・スミスは同世代(というか同い年)なので応援したいんだけど、ちょっとねェ・・・ノリがいまいちだったねェ。作品冒頭の取り調べのシーンですでにテンポのズレはあったんだけど、それを最後まで引きずってしまったんだねェ。やり様によっては面白くなる要素がいっぱいあると思うんだけどねェ・・・。

ただブルース・ウィリスがこの手の作品に久々登場してくれた事が個人的には嬉しかったですね。その昔出演していたTVシリーズ「ブルームーン探偵社」を見ても判るが、彼は基本コメディ端な役者だと思うんですよ。あまりにも有名になってしまったから、いわゆる”軽い”作品には中々出演できないけど、今回意外に本領を発揮してるように感じました。ギャラは相当安かったでしょうけどね。

映画/洋画/2010下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。