ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

腹の底から叫べ! 「ホームランが聞こえた夏」

2011年08月30日 06:57

「ホームランが聞こえた夏」鑑賞。

       681homerun01.jpg



韓国に実在するソンシム学校高等部の野球部での実話をベースとした物語で、監督は「シルミド/SILMIDO」のカン・ウソク。ただ個人的な印象だが、描かれるエピソードの大半はおそらくフィクションだろう・・・と思われる(詳細は不明、パンフなどにもどの程度かは書かれていない)。判りやすくベタなんでね、結構。


ソンシム学校は聴覚障害者が通う、ろう学校だ。その学校の野球部であるから当然選手はみな耳が聞こえない。大きなハンデを抱え、コーチは掛け持ちの素人、それでも生徒たちは韓国の甲子園と呼ばれる「鳳凰杯」で1勝しようと日々懸命に練習に励んでいる。

そんな中、プロでも最高と云われる野球選手でありながら、飲酒による暴行事件によって球界追放の危機に面しているキム・サンナムが、名誉挽回の機会(というか点数稼ぎ)としてそのソンシム学校野球部の臨時コーチを引き受ける事になる。もちろん無理矢理に。

聴覚障害者ゆえ抱えてしまう問題の数々を背負った生徒たち、生き場を失い、自暴自棄に陥るサンナム、そんな彼らの奮起していく姿が軽妙なテンポで描かれていく。それが「ホームランが聞こえた夏」である。



       683homerun04.jpg




本作品を観ていて一番感心したのが”セリフのセンスの良さ”だ(まあ私のセンスなので当てにはならないけど)。軽快なセリフの掛け合い、心に響く訴え掛け、とにかく聞いていて心地いいセリフがポンポンと出てくる。本作はベースがコメディなのだが、このセリフのおかげかコメディ映画としても十分楽しむ事ができた。また扱う題材が題材だけに、クソ真面目な説教になってしまうであろう作風も、笑いの要素のおかげで上手く回避しているように観える。いや、だからこそよけい真摯な訴えにも思えた。少なくとも私は。




       682homerun03.jpg



健常者である者が、身体に障害を持つ人たちに対しどうあっても”違う目”で見てしまうのは、本能がもたらすモノであっていた仕方ない人間性だと私は思っている。そのくせ世間はそういった本質には目を向けず、あろうことか神聖化し、見せてしまう(何時間テレビとか)。「真面目に扱わないと罰が当たるぞ!」と云わんばかりに。

本作も一歩間違えばそういった罠に陥ってしまう可能性があった。が、それら全てを丸呑みし「同情される事を恥と知れ。お前ェらの方が変われよバカ野郎!」と言い放つ。「ハンデを持つ自分たちが勝てるわけがない」といった、彼らが当たり前に持っているであろう何処かある諦めの気持ちをズバリ指摘してしまうのだ。

これには驚いた。はれ物を触るが如く扱う事が多い日本のドラマや映画ではあり得ない(いや、まああるかもしれないけど)描写だ。だがその魂の叫びによって生徒たちは、野球をする最大の醍醐味である”勝つ事への欲”が急激に増幅していく。”ごっこ”が”本物”へと変化を遂げるのだ。



「ホームランが聞こえた夏」はこちらが恥ずかしくなるくらいのベタな青春映画だ。しかもその手法は限りなくアナログだったりする(だからこそ毛嫌いしてしまう人もいるだろう)。だが野球に対する、もっと言えば人間に対する愛は、どっかの不良TV映画なんかより比べ物にならないくらいに詰まっている。野球を観ない自分でさえそう感じられるのだ、野球ファンの方には是非観て欲しい作品である。


ってか宣伝部、もうちっとどうにかならんのか?日曜の昼間、銀座の映画館で客が5人だぞ!?「思わぬ拾いモノ!」なんて喜べないよ、ここまでお客が少ないと。
スポンサーサイト

映画的雑記 コメント: 0 トラックバック: 0

気持ちいい連中の気持ち悪さ 「うさぎドロップ」

2011年08月28日 23:46

「うさぎドロップ」鑑賞。

     685usagi.jpg


宇仁田ゆみ原作のコミックを、「蟹工船」などのSABU監督が映像化。個人的に芦田愛菜が苦手(天才子役の演技とやらが、普通の子供に置き換えられないから)なので、彼女をどう料理してくれるかに焦点を絞って観ていたが、それより以前に人間性の解釈や魅せ方がどうにも釈然とせず、あまり面白くない作品だった。



     684usagi02.jpg



今回、芦田の天才っぷりはさほど気にならず、比較的子供っぽい表情や振る舞いを魅せていたように思う(まあ所々気にはなったが)。松ケンの天然とも云える自然な振る舞いに影響されたのか、いつもの妙な技に頼らず、精一杯な子供を体いっぱいに表現している・・・ように思う(それはそれで凄いんだろうけど)。


ただその分、周りを固める大人たちが形式ばった”いい連中”ばかりであり、あまりに都合よく&ありきたりな話の展開が、気持ちいいであろう連中をよけい気味悪くさせてしまう。・・・まあ私の価値観の中でだが。

特にガテン系の連中が酷く、あの描写の仕方って一見よさげなんだけど、個人的には内情を知らずに美化しているだけにしか見えないし、言い方は悪いがバカにしているようにしか思えない。それが原作のせいなのか監督によるモノなのかは判らないが、”見た目に相反し、家族や仲間を大事にする”なんてのを愛嬌タップリに演じさせてしまうなんて、あまりに安直な発想の演出と云わざるを得ない。・・・言い過ぎ?



安直と云えば作品全体の雰囲気がまさにそれで、終盤起こる出来事は映画的な都合のいい見せ場でしかないし、掲げるテーマは普遍的であり立派なのに、それを表現するための素材がどうにも薄っぺらく、理想や表層的イメージしか感じられなかったりする。本来あるべき葛藤やわがままな、私欲があまり表面化されず(高畑淳子が引っかき回すかと思ったが、すぐに退場)、どこまでも爽快に走り抜けてしまう。驚くほどあっさりと。



唯一、漫画家に対しての行いには作品における命題を感じさせ胸を打つが、総括的にはどうにも苦手な作品だった。・・・SABU監督よ、どうしちゃったんだ?初期の暴走は若さゆえで納得もできるが、人の心をえぐる人間描写だって立派にできるだろ?アンタは。それなのにここのところ全然響いてこないよ、自分には。


・・・次か、その次・・・ぐらいまでかなぁ、監督の名で観ようと思えるのは。

映画的雑記 コメント: 0 トラックバック: 0

ミニプラ 豪獣神

2011年08月26日 06:18

「海賊戦隊ゴーカイジャー」より、ミニプラにて発売された豪獣神を紹介

     057gojujin.jpg

・・・気が付けば、久しぶりの記事となりました。

続きを読む >

ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー コメント: 16 トラックバック: 0

爆丸 BA‐001 コロッサス・ドラゴン

2011年08月15日 23:32

久々に爆丸から、大型合体アイテムとして発売されたコロッサス・ドラゴンを紹介

     038coro.jpg

続きを読む >

その他の玩具 コメント: 1 トラックバック: 0

愛のために走り抜け!「この愛のために撃て」

2011年08月09日 07:10

「この愛のために撃て」鑑賞。

       674konoai02.jpg



長編デビュー作「すべて彼女のために」で注目を集めた(ハリウッドでポール・ハギスがリメイクしたとか)フランスの俊英、フレッド・カヴァイエ監督によるノンストップ逃亡アクション。本作品が世間的にそれほど知られていないとするならば紛れもなく拾いモノと云える作品であり、本来なら何の予備知識もナシに観て欲しいそんな作品だ。・・・それでも書いちゃうけど。



       673konoai01.jpg


主人公サミュエルは出産間近な妻がいる看護助手。看護師の資格を取るために勉強中であるサミュエルは、決して裕福ではないものの、妻と共につつましくも幸せな生活を送っているごく普通の一般市民だ。そんな小市民である彼が、全く身に覚えの無い事件に否応なしに巻き込まれていく姿を疾走感たっぷりに描いていく。


本作品の最大の特徴と云えるのが”極限まで削ぎ落とされた贅肉”だ。無駄に感じるシーンがほぼ全くと云っていいほど無く、それでいて事件の全貌や、事の成り立ちから展開に至るまでの経緯が自然と観る側に伝わってくるよう構成されている。「何が必要で何が要らないか?」その取捨選択が際立ってハイセンスなのだろう。もちろん最低限セリフでの説明が必要なところもあったが、基本的にはその場面に起こり得るであろう行動や言動、出来事だけで状況説明や、次の場面への橋渡しを難なくこなしてしまい、鑑賞中何度も感心させられた。


       675konoai03.jpg



主人公を演じたジル・ルルーシュの好演により、観客における作品への感情移入度はすこぶる高い。また、サミュエルが巻き込まれる事件において、重要な鍵を握るサルテ(上の写真の奴)が笑っちゃうぐらい予想を超えた転がり方をしてくれるのがとにかく痛快で面白かった。細部に渡って練り込まれたキャラクター表現(肝の据わったサルサの常に冷静沈着な態度と、その正反対である普通のサミュエル、その対比も見所)あってこその演出妙技であり、観る側における抱く感情の変化に自分でも驚いてしまった。



実はカヴァイエ監督の前作「すべて彼女のために」を自分はちょっと拒否している。作品自体の質は非常に高いのだが、主人公の行動における倫理観にどうしても付いていけない、というか納得がいかなかったのだ。だが本作は、前作と近い状況に追い込まれた主人公を描きながらも、リアリティの境界線を越えないよう細部まで配慮が行き届いており、彼らが引き起こす騒動の数々も「いた仕方ない」と納得できる範囲になっている。前作での反省を生かした?訳ではないだろうが、主人公らに共感、応援したくなる気持ちの高ぶりを思う存分味わう事ができるだろう。


ここまで書いておいてなんだが、なるべく予備知識ナシで観て欲しい純度の高い痛快作(上映時間も90分切ってるし)なので、何を観ようか迷ったときに思い出し、気軽にフラッと観て欲しい。そんな作品だ。

映画的雑記 コメント: 4 トラックバック: 0

欲望が生み出し、与え、奪うモノ。夏の劇場版を鑑賞

2011年08月08日 21:33

毎年恒例、戦隊とライダーの劇場版2本立てを鑑賞したので軽く雑感を。

       677oz02.jpg


※なるべくネタバレしないよう書きますが、未見の方や情報を仕入れたくない方は気を付けて下さい。




まず「海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船」から(こちらはホントに軽く書きます)。

う~ん、なんかいつも通りの劇場版って感じだった。映画と云う気負いが作品の質の向上に繋がらないっていうか、正直TVシリーズのいちエピソードの方がよほど面白いのがあるし。だからと言っていまさら上映時間の短さを指摘してもしょうがないんだろうけど・・・それでもここ数年当たりな作品が生まれないよなぁ。

まあゴーカイジャーの場合TVシリーズの方に傑作が多すぎるから、必然的に観る側のハードルが上がるのかもしれないけれどねェ。普通に楽しめると思いますよ、普通にぐらいは。




では続いて「仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」を。

       676oz01.jpg


暴れん坊将軍とのツーショットが雑誌に掲載されたのを見たとき「こりゃさすがにイカンだろ」と思ったのだが、意外や意外、「オーズ」という作品が放つべきテーマがちゃんと描かれていて驚いた(っていうか笑っちゃうぐらい松ケンがカッコいい、それにも驚き)。さすが脚本/小林靖子女史と云ったところか。まあ小林さんは時代劇好きだからねェ、その辺は抜かりないんだろうけど。


「オーズ」という作品の本質って、もちろん鴻上会長が再三叫んでいる”欲望”ではあるんだけど、それって実は火野映司自身に詰め込まれているんじゃないだろうか?と私なんかは思っている。TVシリーズによるこれまでの流れだと、映司が欲望のカタマリであるグリードたちの王となったほどのオーズに変身し続けられるのは、彼の汚れ無き心が欲望に(辛うじて)勝っているから、と云う解釈の下成り立っているんだと思ったが、最終局面に向かうにあたって別の見方が浮上してきた。”映司こそが誰よりも大きな欲望を抱えている”というモノだ。

”欲望”というとイメージ的にどうしても負の要素として捉えられがち(映像作品として表現する場合特に)だが、”本能”と”理性”が共存している人間は、生きている限りその欲望と向かい合い生きていくしかない生き物であり、死ぬまでそれが尽き果てる事はない。まさに鴻上会長が言う通りである。

だが問題の本質は欲望そのモノではなく、「何を欲するのか?」にある。人の幸福を願うのも、人を不幸に招き入れるのも欲望には変わりなく、”純真だから欲が無い”といった一見よさげな人間性は、実は人間らしさからはもっともかけ離れた、ぶっちゃけ気色悪い人間性であり、そのくせ世間はそんな純粋無垢な気色悪いモノを求めてしまう傾向が強い(もちろん無意識にだろうけど)。

火野映司は一見(誰が見ても)そう見えてしまう危険のはらんだ主人公ではあるんだけど、あえて過剰とも云える純真ぶりを披露させておき、その実「欲望とは何たるか?」を世に問おうと試みるため創られた画期的な主人公といえるし、シリーズ自体も挑戦的なメッセージが込められた作品に成りつつある。「W」によって新たな局面を見出せた平成ライダーシリーズが、安定したスタッフで固められた「オーズ」によってまた逆戻り、という危惧が正直あったけど、ここへきてそんな自分の思いにも多少ながら変化が訪れてきた。・・・そう思えるまでに時間が掛かり過ぎるっていう大きな欠点もはらんでいるんだけど。


そんな「オーズ」が持つテーマ性を、非常に判りやすいカタチで表現したのが本作品である。もちろんTVシリーズを見続けてきたからこそ理解できる表現力でしかないが、TVシリーズの劇場版としては結構正しい方法論ではないか?と感じられたのも確かだ(「W」のように、単独作品としての価値を極限まで高めるのも別の方法論として当然アリだが)。ただ演出に個性やインパクトがあまり無いため、小ぎれいにまとまっちゃったという印象が強く、劇場作品としてのスケール感がいつも以上に欠けてしまっている(今回夏の劇場版としては初トライとなった柴崎監督だが、常連である田監督に比べるとどうにもTV寄りの堅実な演出になってしまうようだ)。



描くテーマは興味深いが、作品としての個性や突出した部分はそれほどない。それでも夏の劇場版の中では面白い方・・・かな?

・・・なんちゅうか適当なまとめだなぁ、我ながら。

特撮・玩具的雑記 コメント: 2 トラックバック: 0

レジェンド戦隊シリーズ ジョイント合体 大獣神

2011年08月07日 23:50

レジェンド戦隊シリーズより、ジョイント合体の大獣神を紹介

     043daiju.jpg

続きを読む >

玩具/レジェンド戦隊シリーズ コメント: 16 トラックバック: 0

レジェンド戦隊シリーズ ジョイント合体 デカレンジャーロボ

2011年08月04日 22:18

レジェンド戦隊シリーズより、ジョイント合体のデカレンジャーロボを紹介

     025dekaren.jpg

・・・え?発売されたのって4月の下旬なの!?・・・スイマセン、忘却の彼方に入っていました

続きを読む >

玩具/レジェンド戦隊シリーズ コメント: 4 トラックバック: 0

AMAS ゴーカイシルバー ゴールドモード

2011年08月03日 01:19

大人の事情(ゴールドアンカーキーだけだと商品としての売りが無い・・・とか)で発売されたっぽいゴーカイシルバーのアクションフィギュア、を紹介

     060gsgm.jpg

続きを読む >

DX版玩具/戦隊シリーズ コメント: 6 トラックバック: 0

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。