ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

特命戦隊ゴーバスターズ レッドバスター&チダ・ニックセット

2012年03月31日 04:17

「特命戦隊ゴーバスターズ」より、レッドバスターのフィギュアとバイクモードから完全変形する相棒のチダ・ニックのセット玩具を紹介

     047tida.jpg

続きを読む >

スポンサーサイト

DX版玩具/戦隊シリーズ コメント: 6 トラックバック: 0

スーパーロボット超合金 マジキング

2012年03月29日 03:55

スーパーロボット超合金より発売されたマジキングを紹介

     031majiki.jpg

続きを読む >

スーパーロボット超合金 コメント: 4 トラックバック: 0

仮面ライダーフォーゼ FMCS 05 マグネットステイツ

2012年03月23日 05:37

仮面ライダーフォーゼより、FMCS(フォーゼモジュールチェンジシリーズ)のマグネットステイツを紹介

     017magune.jpg

続きを読む >

仮面ライダーフォーゼ/玩具 コメント: 3 トラックバック: 0

スーパーロボット超合金 創聖のアクエリオンよりソーラーアクエリオン

2012年03月22日 06:12

スーパーロボット超合金にて発売された、「創聖のアクエリオン」よりソーラーアクエリオンを紹介

     064saes.jpg

続きを読む >

スーパーロボット超合金 コメント: 2 トラックバック: 0

映画鑑賞記録 「洋画」 2011年4月分

2012年03月21日 21:22

745gishidan01.jpg 『孫文の義士団』

2011年4月17日新宿武蔵野館にて鑑賞

評価★★★★★★★☆☆☆

監督:テディ・チャン/出演:ドニー・イェン他

上映時間:139分

~雑感~

1906年、孫文暗殺計画を阻止するために戦う、8人の民間人によって構成された義士団の戦いが描かれた作品。ドニー・イェンは主役というより、8人のうちの1人と云った扱いなのだが、アクションのレベルは総じて高く、魅せ方(演劇調な振る舞い)を含めその満足感は高い。ただ義士団である8人の描き込みがどうにも不足しており、各々の志や想いを受け取れないまま戦いへと突入してしまう(全員とは云わないが)。もう少し描くべき対象を絞った方がいいだろう。TVシリーズ向き・・・かな?



746itiniti01.jpg 『素晴らしい一日』

2011年4月17日シネマート新宿にて鑑賞

評価★★★★★★★★★☆

監督/脚本:イ・ユンギ/出演:チョン・ドヨン他

上映時間:124分

~雑感~

平安寿子原作の短編小説を映画化。自分にとっては面白い以上に好きな作品。これといって何もない、調子のいい男とツイてない女の一日が描かれるだけの作品なんだけど、これほど始めの印象と鑑賞後にくる満足感に差のある作品も珍しい。人の描き方がとにかく絶妙で、人の多面性や奥深さをこれほど軽妙、且つ軽快に表現しちゃうその手腕に驚く。ラストの解釈は人それぞれだが、大人だからこそ思い巡らすモノが多い、粋な結末を迎える。まさしく素晴らしい一日だった、という訳だ。オススメ。



747enzeru01.jpg 『エンジェル ウォーズ』

2011年4月23日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★★★☆☆☆

監督/原作/脚本:ザック・スナイダー/出演:エミリー・ブラウニング他

上映時間:110分

~雑感~

女子学生の制服っぽい戦闘服で女の子が戦ったり、その相手がCGによる巨大サムライやロボットだったりと、日本的な”萌え”を意識した作り(個人的な印象だと画面は押井守っぽい)にも思えるが、実際はアメリカ人テイストな作品に仕上がっている。一番の違いはファンタジーな描写に理由付けをし、現実と繋げている点だろう。日本では世界観そのものを”それアリき”にしてしまう場合が多いが、アメコミを映画化した作品なんかを観ても判るとおり、向こうでは現実アリきで世界観を構築する場合がほとんどである。つまり燃えるけど萌えない、この差だろう。まあ結局の処どっちがいいかは個人の趣味になってしまうけど。・・・あ、自分はこの作品、結構普通に面白かったです。



749meari01.jpg 『メアリー&マックス』

2011年4月24日新宿武蔵野館にて鑑賞

評価★★★★★★★★★☆

監督/脚本:アダム・エリオット/声の出演:トニー・コレット他

上映時間:94分

~雑感~

オーストラリアに暮らす少女と、NYに住む孤独な中年男性の、20年にも渡り続けられてきた文通を通してお互いが育んできた絆を描くクレイアニメ。ぶっちゃけネガティブ思考が満載な作品で、”偏屈だから孤独”だったり、”マイナス思考だから一人ぼっち”といった、お互いが世の中にうまく溶け込めない2人なので、手紙の内容も必然的にそういった方面へと話が膨らんでしまう(ウソを含め)。だがそれはあくまでも”外見上”であって、2人の絆はお互いが考える以上に刻まれていく事となる。そんな繊細であり人間臭い心理描写を、本作はクレイアニメでやってのけるのだ。しかもより人間臭く(他に匂いという意味で素晴らしい表現力を誇っている)。本作品は陰と陽で云えば間違いなく”陰”であり、人間関係を上手く築ける人たちにとっては引っ掛かりのあまり無い作品かもしれないが、私は心を鷲掴みされた。技術的にはもちろん、監督の何処までも優しい人への愛を感じずにはいられない。傑作。



750ikinokoru01.jpg 『生き残るための3つの取引』

2011年4月30日シネマート新宿にて鑑賞

評価★★★★★★☆☆☆☆

監督:リュ・スンワン/出演:ファン・ジョンミン他

上映時間:119分

~雑感~

これまでアクション主体の作品を手掛けてきたリュ・スンワン監督の、新境地とも云える社会派サスペンス。現実的にどうなのか?は置いとくとして、作風がちょっと陰々滅々とし過ぎているというか、なによりも”やりきれない感”が勝ってしまうが辛い。徹底してるからとも云えるんだけど、何処にも逃げ道がないというか、力入れ過ぎな気がする。リュ・スンワン監督は非常にストレートに表現や描写をするのだが、これまでのようなアクション映画ならば徹底した演出も肉体の躍動感として表現しきれていたんだけど、本作のように心をえぐらなければならない場合、あまりにストレートに見せてしまうと満足感よりも嫌悪感が上回ってしまう。少なくとも私はそうだ。”お遊び”っていうと言い方が悪いかもしれないが、こういう作品だからこそ魅せ方に作家性を盛り込み、場の空気や流れに変化をもたらすべきではないだろうか?作品自体の質は高い、ってか自分は監督の作品がかなり好きなので、変に注文してしまうのかもしれないけど。


映画/洋画/2011 コメント: 0 トラックバック: 0

食玩 仮面ライダーフォーゼ モジュールオンフォーゼ2

2012年03月21日 07:03

食玩にて展開しているモジュールオンフォーゼの第2弾を紹介

     043mof2.jpg

※後ろで飛んでるヤツは、周り回ってラインナップに含まれておりません

続きを読む >

仮面ライダーフォーゼ/玩具 コメント: 8 トラックバック: 0

映画鑑賞記録 「邦画」 2012年1月分

2012年03月12日 01:33

2012年1月に鑑賞した日本映画の感想一覧です。


763robo1.jpg『ロボジー』

2012年1月14日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★★☆☆☆☆

監督/脚本:矢口史靖/出演:五十嵐信次郎ほか

上映時間:111分

~雑感~

※映画雑記に書いた「ロボジー」感想文



764himizu01.jpg『ヒミズ』

2012年1月15日ヒューマントランストシネマ有楽町にて鑑賞

評価★★★★★★★★★☆

監督/脚本:園子温/出演:染谷将太、二階堂ふみ他

上映時間:129分

~雑感~

古谷実の同名漫画を園子温が実写映画化(原作は映画鑑賞後に拝読)。カルト的人気を誇る漫画をクセのある映像作家が映画化したため、賛否の免れない作品になってしまうのは仕方ないだろう。あきらかなるテンションの違いやキャラ設定の変更、特に3.11を重要な要素として取り込む事で異なる事となったラストにおける解釈は、作品そのモノを壊しかねないチカラがあるほどだ。

ただ監督における原作愛は相当なようで、原作と同じセリフを吐き出すシーンも多々見られる。これまで自身の世界観のみで勝負してきた監督である事を考えれば驚くべき光景だろう。それ以上にほぼ完成系といえる原作の世界観を園監督のイマジネーションへと引っ張り込む、その手腕はさすがだ。紛れもなく本作は園子温監督作品と成りえたのだから。

3.11に関しては誰しもが様々な想いを抱き、それをどう受け止めればいいのか?に翻弄する一年だったと思う。むしろ答えの出ない人がほとんどだろう。そのため本作での取り扱いに疑問を感じる人も多いだろうが自分は思ったより素直にメッセージを受け取れた。そう、”がんばる”しかないのだ。たとえどれほどの災難に見舞われようと、たとえ人として過ちを犯したとしても、生きている限りがんばっていくしかない。誰かのためでもいい、自分のためでもいい、そう奮起する気持ちが大事なんだろうと思える作品だった。少なくとも自分には。



766gogya01.jpg『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』

2012年1月21日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★★★★☆☆ ※戦隊作品として

監督:中澤祥次郎/出演:小澤亮太、大場健二ほか

上映時間:64分

~雑感~

※映画雑記に書いた「ゴーカイジャーVSギャバン」感想文

あくまでも「ゴーカイジャー」やそれに付随する特撮作品が好きで観ている自分の感想です。



768hasami01.jpg『はさみ hasami』

2012年1月22日K’s cinemaにて鑑賞

評価★★★★★★★☆☆☆

監督/脚本:光石冨士朗/出演:池脇千鶴ほか

上映時間:112分

~雑感~

「大阪ハムレット」の光石冨士朗監督による、理容美容専門学校を舞台にしたヒューマンドラマ。

かなりストレートな人間賛歌なので好みの分かれる作品かも。ただそういった作品を作るのって実は難しく、まして映画的とも云えるドラマチックな出来事などまず無いであろう専門学校生を扱っているのだ、地味なドラマにならざるを得ない。本作はそういった現実的リアリティと映画的な見せ場をどう表現するかに苦心した跡が見え隠れしてしまうため好き嫌いが分かれる、そんな気がした。

ただ個人的には好みな作品だった。特に役者陣の好演が光る(窪田正孝はホント巧いよねェ)。微妙な気持ちの変化やさり気ないやり取りがごく自然に描かれており、なんとも心がなごむ。その分メッセージ性の強いシーンになるとオーバーな演技が目立ってしまうのだが、まあそこは許容範囲かなぁ・・・今後の監督の作品に期待って事で。


映画/邦画/2012 コメント: 0 トラックバック: 0

映画鑑賞記録 「洋画」 2012年1月分

2012年03月07日 21:50

2011年の映画鑑賞記録が全然進まぬままもう3月になってしまいました。このままでは2012年がどんどん過ぎていってしまいそうなので、今年の分を先出しで記事にします。2011年分は並行して続けるか、とりあえずまとめ(年間ベストなど)の記事を近い内に書きたいなぁ・・・と思っています。

765eien01.jpg『永遠の僕たち』

2012年1月15日TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞

評価★★★★★★★★☆☆

監督:ガス・ヴァン・サント/出演:ヘンリー・ホッパー他

上映時間:90分

~雑感~

交通事故で家族を失い、そのときの臨死体験によって死後の世界に漂う青年ヒロシが見えるようになった少年イーノック。他人の葬式に参加する日々を送っていた彼は余命いくばくもない少女アナベルと出会い・・・。

悲劇の主人公、余命僅かなヒロイン、スピリチュアルな描写、淡い恋愛物語。日本で映画化すればほぼ間違いなくク〇作品になるであろう要素タップリな作品なのだが、本作は非常に透明感溢れる青春映画になっている。奥ゆかしくもストレートな愛情表現、若さゆえの不安定な感情、逃げる事のできない現実との対峙、設定こそ奇をてらっているが過ぎていく日々はごく平凡(とは言い切れないかな?)な日常でしかない。だからこそ必ず訪れてしまう運命に対し素直に胸が締め付けられるのだろう。

あと加瀬亮、英語結構上手し。



767mishon01.jpg『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』

2012年1月22日新宿ピカデリーにて鑑賞

評価★★★★★★★☆☆☆

監督:ブラッド・バード/出演:トム・クルーズ他

上映時間:133分

~雑感~

いまさら~?って感じな時期に鑑賞。え~っと、普通に面白い。これだけメジャーで超大作でありながら、その期待にキチンと応えているのだからそれだけでエライ。ブラッド・バードに監督依頼したってのには相当驚いたが、結果オーライ、正解と云っていいだろう。この分だとまだ続きそうな勢いだけど、毎度続編までの間隔が長いからねェ・・・トム自身の年齢が心配かな?



769edoga01.jpg『J・エドガー』

2012年1月28日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★★★★☆☆

監督:クリント・イーストウッド/出演:レオナルド・ディカプリオ他

上映時間:137分

~雑感~

FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた作品。イーストウッドが手掛ける伝記映画というと堅実な描写に終始する印象があり、本作でもその姿勢は貫かれている。相変わらずカメラワークは絶品、時代考証は完璧、エドガーを演じたディカプーも50年にわたる歳月を熱演、とにかく隙のない作品になっている。

エドガー自身の人間性に対する解釈は人それぞれだろう。その仕事ゆえ、本質をさらけ出したという記録があるかは疑問だが、ブレなく描き切ったのはさすがだ。また、意外にも”愛”を根底とした物語であり人物像になっているので、退屈な伝記モノとは違った深みもある。・・・まあそれでも淡々とした印象は拭えないが。



770kanasiki01.jpg『哀しき獣』

2012年1月29日シネマート新宿にて鑑賞

評価★★★★★★★★★☆

監督/脚本:ナ・ホンジン/出演:ハ・ジョンウ他

上映時間:140分

~雑感~

「チェイサー」のナ・ホンジン監督最新作。前作ほどの荒々しさはないが、非常に完成度の高い作品。行き当たりばったりな展開や、我思うがままな登場人物の行動など、一見すると全てが破天荒なだけに見えてしまうが、緻密に練られた脚本によって構成された物語が見事ひとつの作品として結実している。また珍しく邦題の気が利いており、鑑賞後の余韻に一役買っていて驚いた。まさしく主人公は哀しき獣である。

主人公グナムを演じたハ・ジョンウの変貌ぶりも見事だったが、なにより地元チンピラを牛耳るミョンを演じたキム・ユンソクが素晴らしい。本来なら痛快になど成り得ない特異なキャラクターであるミョンが、笑っちゃうぐらい魅力溢れる人物に昇華しているのだ。作り手と演じる側の信頼関係があってこその所業だろう。

ナ・ホンジン監督は長編映画を手掛けるのが本作を含め2作目となる。つまり「チェイサー」と「哀しき獣」”だけ”。・・・マジか!?これからが楽しみなのはもちろんなんだけど、一作、一作、じっくり取り組んで欲しいね。周りが何と云おうとも。


映画/洋画/2012 コメント: 0 トラックバック: 0

食玩 仮面ライダーフォーゼマグネットキット ホルワンコフ

2012年03月04日 20:32

食玩のなりきり玩具「仮面ライダーフォーゼマグネットキット」にラインナップされたホルワンコフを紹介

     022full.jpg

まあ簡単にですが。あ、うしろのヤツは気にしないように

続きを読む >

仮面ライダーフォーゼ/玩具 コメント: 6 トラックバック: 0

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。