ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ボルト 08年アメリカ

2009年08月06日 14:54

IMG_5911.jpg2009年8月4日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★★★★☆☆

監督/脚本:クリス・ウィリアムズ

共同監督:バイロン・ハワード

声の出演:ジョン・トラボルタ、マイリー・サイラス、スージー・エスマン、マーク・ウォルトン他

吹き替え版:佐々木蔵之介、白石涼子、江角マキコ、天野ひろゆき、ウド鈴木他

配給:ウォルトディズニースタジオジャパン

上映時間:96分

現実世界を知らない犬”ボルト”が現実と向き合う事になる大冒険アドベンチャーで、ディズニー映画としては初となる3Dを念願に造られた作品でもある。ちなみに「カーズ」の世界観を基にした「メーターの東京レース」という短編が、同時上映として本編上映前に観る事ができる。
ペニーという女の子に飼われているボルトは、ペニーを守るためその父親に改造されたサイボーグ犬である。だがそれはTVドラマの中の作り話であり、ペニーは役を演じているだけに過ぎない。しかしボルトにとってはそれが現実であり、ペニーを守るのが自分の使命だと信じ込んでいた。ところがあるキッカケでボルトは現実社会へと放り出されてしまうのだった・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「ボルト」感想文)


Yahooレビューには書き忘れたが、同時上映の「東京レース」も結構楽しめた。ピクサーの「カーズ」に登場する牽引車”メーター”が、むかし東京でドリフトレースをした事があるという回想劇で、何といっても東京が舞台なのが嬉しい。と共に、相変わらずチグハグな東京風景には笑ってしまう。

これは「ワイルド・スピード3」の影響があると思われる。「3」は東京を舞台としており(妻夫木聡がチョイ出演している)、タイトル通り車のレースを扱った作品であるこのシリーズは、「3」まで造られたのだからそこそこ人気があるのだろう。ちなみにこの「東京レース」も3D上映されている。


しかし「ボルト」の意外な完成度の高さには驚かされた。私の勝手な推測だが、ディズニー映画には昔から伝統的ともいえる製作体制が蔓延しており、自由な発想と創造が必ずしも作品に結び付かない、悪循環ともいえる不毛な状態が長く続いていた。

そしてその殻を打ち破ったのが元々外部発注で作品を提供していたピクサーだ。

今はディズニーの傘下となり作品を造っているが、本来ピクサーの作風はディズニー映画とは一線を画している。単純な勧善懲悪などにはせず、皮肉のタップリ込められた大人でも楽しめるエンタテインメント作品が多い。ハッピーエンドに終わろうとも色々と含みが込められているのも特徴だ。

だが”造り手が造りたい作品を造る”という、モノを造る上での制作原理を純粋に真っ当しているピクサーの連中が、傍で見ているディズニーの連中に何かしらの影響があるのは当たり前の話であり、その事が「ボルト」という作品を今までのディズニー作品とは違うアプローチに成り得た原因といったら大袈裟だろうか。私は意外と真面目にそう感じている。

な~んて色々書いたが、これはあくまで私が勝手に思い巡らせた想像でしかないので、ウソを書いているとは云わないまでも、何の根拠も無い戯言です、ハイ。
スポンサーサイト

映画/洋画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。