ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー 09年日本

2009年08月11日 19:40

108.jpg2009年8月10日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★☆☆☆☆☆
   (オールライダーに敬意を表して)

監督:金田治

脚本:米村正二

出演:井上正大、村井良大、森カンナ、戸谷公人、荒井萌、大浦龍宇一、GAKUT、大杉蓮、石橋蓮司ほか

原作:石ノ森章太郎

配給:東映

上映時間:不明(7~80分程度)

同時上映:「侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦」

”平成ライダー10周年記念”として製作された劇場版最新作。番組の趣旨である平成ライダー総出演はもちろんの事、昭和ライダーと呼ばれる仮面ライダーまでも(ほぼ)総出演してしまったお祭り的要素の強い作品。TV番組「ディケイド」の最終回的意味合いのある作品でもある。
仮面ライダーディケイドとして様々な世界へ旅をしてきた門矢士。今回訪れた世界では珍しく写真がまともに撮る事ができ、見覚えのある風景に自分の世界かもしれないという希望を持ち始める。自分の着用しているコートにどこかの鍵を見付けた士たちは、鍵の手掛かりを探し始めるのだった。

※今回Yahoo映画レビューには投稿していないので、ここでレビューします。

元々番組のコンセプトが”全てを破壊し、全てを繋げ”という”平成ライダーの締め括り的作品”であり、”半年で終了する番組”や”平成ライダーたちの世界観を巡る”など、全てが型破りな作品造りをしてきた「仮面ライダーディケイド」。その総括的な型破り企画が今回の劇場版だろう。

まあかなり強引とも云えるライダー大集合だが、私の場合年齢的に否応なしに胸がたぎってしまう。物語としてはTVシリーズの最終回としての意味合いが強く、今までのTVシリーズを観ている事が作品を楽しむための条件と化してしまうのは致し方ない所か。

監督はアクション武闘派の金田治が務めている事もあり、アクションのレベルが今まで以上に高く激しい。最後の大集合して戦う場面など、いい意味でやりすぎていてもう笑うしかないほどインパクトがあり、楽しむにはピッタリのお祭り騒ぎとなっている。

その反面ドラマ部分のレベルが低い。これといった展開を見せる事無く、判りやすく物語は進んでいく。ただこれはせっかくのお祭りに水を差さないようドラマを単純化したともいえる。「ディケイド」のTVシリーズ自体、今までのように複雑な物語も謎賭けもないのだ、正当な映画化という事なのだろう。

ゲストであり映画の宣伝部長として何故か活躍させられている地獄大使の大杉漣や、死神博士の石橋蓮司のはじけっぷりも楽しい。私なんかにしてみれば、あの2人が同じ画面に収まり真面目に悪ふざけしているのを見るだけで堪らない満足感を得る事ができる。それほどの役者なのだ。

その代り?主人公の士役、井上正大の演技力の無さには困った。今回は今まで以上により人間らしい演技を求められていた筈だが、その途端下手さが露呈してしまう。正直演出側にも問題はあるのだが、その意味で俳優としての基礎がない出演者たちには軒並み演技力の無さが目立ってしまった。

ただここで真面目に評価する作品でもないんだよねェ、「ライダー」や「戦隊」の劇場版は。映画として今まで通り評価してしまえば、評価しようもない作品って事だもん。あくまで”特撮作品”っていうジャンルであって、それ1本の映画で判断・評価できる世界観じゃあない。造り手と受け手(観客)が一緒になって育てていくコンテンツであって、”映画が終わればハイお終い”にはならないのだ。

だから毎年公開されるこの2本立てに関して自分はYahooレビューに投稿しない。意味合いが違い過ぎて、同じ土俵で評価できないからだ。ここのブログに来てくれる方であれば、多少なりとも理解している人もいると思い記事にしてみたが、純粋な映画ファンには理解しがたい世界かもしれない。私の場合これはこれで面白い世界だと認識し、理解し、頭を切り替えて楽しんでいるが。

・・・珍しいのかな?そういう人は。
スポンサーサイト

映画/邦画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

この記事にトラックバックする

大原麗子 本名

NHK大河ドラマ[1980] 獅子の時代 総集編 全5巻set◆菅原文太/大原麗子商品価格:6,800円レビュー平均:0.0 大原麗子さんが 自宅で 亡くなられていたそうですね 何年か前に ギランバレ-症候群... 大原麗子さんが 自宅で 亡くなられていたそうですね 何年か前に ギランバ

2009年08月12日 08:00 | かわいい

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。