ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

G.I.ジョー 09年アメリカ

2009年08月13日 15:41

001_1.jpg
2009年8月12日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★☆☆☆☆☆

監督:スティーブン・ソマーズ

出演:チャニング・テイタム、シエナ・ミラー、イ・ビョンホン、レイチェル・二コルズ、マーロン・ウェイアンズ、デニス・クエイド、レイ・パークほか

原題:「G.I.JOE:THE RISE OF COBRA」

配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン

上映時間:118分

アクション・フィギュアの原点「G.I.ジョー」が、何故かCG技術をフル活用し実写映画となった。莫大な予算をつぎ込み、バカバカしい物語を繰り広げるというハリウッドらしい潔さに溢れた作品である。
ガン細胞治療のため開発された化学物質”ナノマイト”。それを兵器として開発した武器商人デストロの依頼により、ウイルス兵器が極秘に運搬される事になったが、謎の組織に襲われてしまう。だが間一髪、別の謎の組織に助けられる。その組織こそ”G.I.ジョー”だった。


(Yahoo映画レビューに投稿した「G.I.ジョー」感想文)


何とも昔懐かしい香り漂う作品だった。最新技術を使い、がんばってカッコよく魅せようとしているが、そのセンスはどこか古臭くてダサい。だがそんなB級臭さが私は大好きなのだ。

1970年代後半から90年代初頭までは、そんなB級アクション映画が花盛りだった。特に「マッドマックス」の影響で近未来を舞台としたアクション映画が多く造られたが、とにかく予算がないため四苦八苦して何とか完成させるといった、正直程度の低い作品が多かった。

そんなB級アクション映画を散々観てきた私にとって、この「G.I.ジョー」の中身の無さなんて別に気にならない。それを補って余るほどのバカバカしいアクションシーン(CG頼りなのは目をつむる)を見れた事が収穫だった。あんなくだらなさ、そうそう見れるもんではない。

ただ残念なのが、その勢いを維持できなかった事だ。本当ならクライマックスに向かって更にボルテージを上げるべき筈が、中盤以降段々と尻すぼみになってしまうのだ。それがなければ傑作になり得たかもしれないのにねェ。あ、もちろん内容は度外視ですよ?

それとこの作品、ゲームの影響がかなり大きい。今ならXBOX360等で発売している近未来を舞台にしたミリタリー系シューティングなどに、見た目や雰囲気がそっくりと云えるだろう。

  y1pOhH3gWkLl8dI2ipRY8mKfa0G1HkgfUgnfF5omOlazQhI2oRpOURktWGGffT0czI6SAqSlyRAHcM.jpg

こんな感じのね。

それと、これはあくまで主観であって、知らない人も多いと思うしあまりハッキリとは断言できないが、戦隊シリーズの海外版「パワーレンジャー」の影響も受けているように感じた。

  data-top-prrpm.jpg

これは日本では「ゴーオンジャー」として放映していた最新版「パワーレンジャーRPM」

(YouTube「POWER RANJERS R.P.M」 プロモーション映像)※作品の雰囲気が判ると思います。

見た目で判りやすいのはアクションの見せ方だろう。組み手を多用した殺陣(カンフーね)は基より、ワイヤーを用いた派手な跳躍(「G.I.ジョー」ではCGで再現)や、アクションの一部分を効果的にスローで見せる処などに似たモノを感じる。・・・強引かな?

それと、「G.I.ジョー」のメンバーは優秀であればどんな人種でも分け隔てなく隊員になれる、という設定なのだが、「パワーレンジャー」は番組当初からメンバー5人の人種を一方に偏らないよう人選している。これは子供番組として、”誰でも正義の味方になれる”という子供の夢を壊さないための配慮であり、もちろん子供たちに”人種差別”の意識を植え付けないためでもある。

イ・ビョンホンの忍者などの奇抜な格好を含め、かなり強引なこじつけだが私は影響あると思っている。この手のアクション映画を好きで造る連中なのだ、その中のだれかが見ていて影響されたとしてもおかしくはない。結構凄い事やってるよ、パワーレンジャーって。

Yahooのレビューでは書き足りない事をチラッと書くつもりが、長々と色々書いてしまった。まあ「G.I.ジョー」に関してはそんなに期待しないで観た方がいい程度の作品って事ですね。

スポンサーサイト

映画/洋画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。