ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

3時10分、決断のとき 07年アメリカ

2009年08月17日 18:24

013.jpg
2009年8月13日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★★★★☆☆

監督:ジェームズ・マンゴールド

出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ピーター・フォンダ、グレッチェン・モル、ベン・フォスター、ダラス・ロバーツ、アラン・テュディックほか

原作:エルモア・レナード「Three Ten to Yuma」

原題:「3:10 TO YUMA」

配給:シナジー

上映時間122分

1957年制作の西部劇「決断の3時10分」を、ジェームズ・マンゴールド監督たっての希望でリメイクした作品。本格派の西部劇ながら、派手さに頼らない人間ドラマが面白い作品になっている。
義足であるダンは妻と子供2人を抱える牧場主だが、干ばつが続き借金は増える一方でその取立ても厳しくなるばかりだった。そんなとき、逃げた牛を追いかけ息子2人と共に荒野へ行くと、有名な悪党ベン・ウェイドとその一味が駅馬車を襲っている現場に出くわしてしまう。


(Yahoo映画レビューに投稿した「3時10分、決断のとき」感想文)


いまや西部劇は絶滅した(訳でもなく細々とだが造られ続けている)と云われるほど日本では公開しなくなった。この作品が2年間も眠っていたのがその裏付けにもなるだろう。

ただ、何年か周期に西部劇ブームらしき事が起こる。私がよく覚えているのは、20年ほど前に若手俳優による西部劇がやたらと造られていた事だ。現在「24」ですっかり有名なキーファー・サザーランドや、エミリオ・エステベス、チャーリー・シーンなどの2世俳優組みや、ルー・ダイヤモンド・フィリップなど、当時まだ20代で活躍し始めていた連中によって何故かは知らないが何本も造られていた。

そのときは娯楽性の強いアクション活劇のテイストが強い作品と、ビリー・ザ・キッドに代表される伝記物やリメイク作品も造られていたと思う。そしてその10年後くらいに、ケヴィン・コスナーが「ダンス・ウィル・ウルブス」を自ら監督し大ヒットさせ、リアル志向の西部劇が何本も制作されブームとなった。

”西部劇はヒットしない”という定説がどうもあるようで、今までのブームも何かしらの大きなキッカケがあってこそで、ブームだからこそ通らない企画も通るようになり作品も造られる。

ここ最近はその傾向が無かった。この作品も上質ないい作品だが、残念だがそこまでの起爆剤には成り得ないだろう。だがそれでもこれだけの西部劇を造れる土壌がまだまだハリウッドにはあるのだからいい方だ。日本の時代劇など目も当てられない衰退ぶりに愕然としてしまう。山田洋次監督が造る庶民的時代劇もいいが、いつまでもそれに頼ってはダメだろう。

難しいとは思うが、本格時代劇の根は絶やさないで欲しいと願うばかりだ。そういえは三池監督が何か時代劇撮るって発表してたっけ。とりあえずそれを楽しみに待つとしようかな。
スポンサーサイト

映画/洋画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。