ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

九月に降る風 08年台湾/香港

2009年09月10日 18:41

033.jpg
2009年9月6日シネマート新宿にて鑑賞

評価★★★★★★☆☆☆☆

監督/脚本:トム・リン

出演:リディアン・ヴォーン、チャン・チェ、ジェニファー・チュウ、ワン・ポーチエ、リン・チータイ、シェン・ウェイニエン、チウ・イーチェン、チー・ペイホイ、リー・ユエチェン、エリック・ツァンほか

原題:「九降風」

配給:アジア・リパブリック/グアパ・グアポ

上映時間:107分

母国台湾では様々な賞に輝いた青春群像劇で、1976年生まれのトム・リン監督が青春時代を送ったであろう1996年を舞台に、9人の若者が2度と無い青春時代を駆け巡るちょっと地味な作品だ。
1996年、台湾の新竹。学年は違うがいつも一緒に遊んでいる7人の仲間たち。野球場観戦では騒ぎ、深夜に学校に忍び込み、学校の近くの大木の下にいつもたむろし無駄話をする毎日。彼らは不良グループとして学校にも目を付けられてしまう問題児だった。あるときそのグループのリーダー格イェンが、ユンという恋人がいるにも拘らず浮気してしまう。イェンの親友でもあるタンは、ユンに対して密かに想いを抱いていた事もあり複雑な心境に陥ってしまう・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「九月に降る風」感想文)


ちょっと辛口に評価してしまったが、さすがにまだ演出に深みが無いんでその事も考慮した上でこの評価になった。ただ良質な作品である事に間違いは無いので大勢に観て欲しい作品ではある。

ちなみにこの作品に惚れ込み、共同プロデューサーに買って出た人物がいるのだが、その人こそ香港映画界の重鎮・エリック・ツァンだ(本作ではイェン父親役で特別出演している)。40代も間近な我々の世代で、ジャッキー・チェン映画をシコタマ観ていたなら知っているであろう人物になる。

                 oo45eriku.jpg

                           こんな人

初めて映画で観たのは日本を舞台にした『大福星』(1985年作品)という作品で、サモ・ハン・キンポー監督・主演(当然ジャッキーも出演)のアクションコメディ作品になる。サモ・ハンの仲間の一人として出演しており、正直バカ・チビ・デブの三拍子揃いまくったチンケな野郎として登場するが、元々喜劇役者であるので、その風体を十分に生かした活躍という訳だ。

ところがそんな見た目とは裏腹に、実はとんでもない才人である事が後に判る。映画の出演は喜劇に留まらずどんな役でもこなしてしまい、監督や製作、プロデューサーなども務め上げ、今回の『九月に降る風』のように、才能ある若手に救済の手を惜しみなく差し伸べる。それでいて作品を見極める力にも優れており、今回のように無名だが内容重視な作品も進んでプロデュースしているようだ。

昔のエリック・ツァンを知っているだけに、よけいにその才覚振りに驚いてしまう。まあ元々その才能があったって事なんだろう。私が知らないだけで、昔からそういった活動をしてたかもしれないしね。

最近じゃ彼の関わる作品ってだけでちょっと期待値を上げている自分がいるもんなぁ。
スポンサーサイト

映画/洋画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。