ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

引出しの中のラブレター 09年日本

2009年10月17日 17:38

088.jpg
2009年10月11日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

監督:三城真一

出演:常盤貴子、林遣都、中島知子、岩尾望、竹財輝之助、本上まなみ、吹越満、六平直政、水沢奈子、伊東四朗、片岡鶴太郎、西郷輝彦、萩原聖人、豊原功補、八千草薫、仲代達矢ほか

原作:新堂冬樹著「引出しの中のラブレター」

原案:「届かなかったラブレター」

配給:松竹

上映時間:119分

”伝えられずにいる言葉、ありませんか?”インターネット、ケータイ、メール・・・。コミュニケーションが便利になった今でも、本当に伝えたい言葉を伝えることは難しいもの。だからこそ、直筆で想いをしたためる手紙や、人と人とが一対一で向き合えるラジオを通じて、言葉の大切さや、想いを伝えることの良さを感じてほしい。・・・・という、うすら気味悪い理念の下造られたつまらない作品。
ラジオのパーソナリティーである久保田真生は、4年前に父親と仕事の事で喧嘩をしてしまい絶縁状態が続いていた。だが仲直りしないまま父親は他界してしまい、2ヶ月近くが経った49日にも顔を出す事ができず、その事が原因で仕事にも支障をきたしていた。ある日田舎に暮らす妹から真生宛てに荷物が届く。その中には父親が生前書いた、真生宛ての手紙が同封されていた。だが素直に読む事のできない真生は、引出しの中にその手紙をしまい込んでしまうのだった・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「引出しの中のラブレター」感想文)


自分が少数派である事に改めて思い知らされた。本当に私の心は腐っているのかもしれない。

ぴあの映画満足度ランキングで1位!?

Yahoo映画レビューでは平均☆4つ!?

王様のブランチでべた褒め!?・・・どうでもいいですね、これは。

私は普段人の評価を気にしない(ようにしている)が、それでもちょっとは気になるのが人情と云うものだ(何だそりゃ)。今までも何度かこういったムニャムニャな感じはあったが、やはりどうにもスッキリする事はなく、普通でない自分と世間との隔たりばかりを思い知らされてしまう。

でも、つまらんものはつまらん!

何処で感動し、何処で胸に沁みるのか、

全くをもって判らねえよ!!

感性に優越は無いのだから、私の言っている事はただの戯言に過ぎない。だからこそ(不快に思ってしまった人には申し訳ないと思うが)ハッキリ言いたいのだ。

これだけの有名人が出演し、これだけ様々なキャラクターとエピソードが描かれるのに、どれひとつ、何ひとつ心に響く事はなく映画は終わってしまう。

ムカついたり、気色悪って思ってもね!

・・・何かホントに心が荒んでいるのかも、俺。


気を悪くされた方がいたら「申し訳ない!」としか言えません。作品を誹謗中傷するだけというのはなるべく避けてきたつもりですが、時々こういった作品に遭遇してしまいます。なるべくいい処を見付けるようにはしたいのですが、今回全く見付かりませんでした。この作品を心から好きでいてくれる方も当然いらっしゃるでしょう。ですが私はどうしても好きになれません。ご理解して頂けると助かります。
スポンサーサイト

映画/邦画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。