ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

さまよう刃 09年日本

2009年10月27日 15:53

095.jpg
2009年10月23日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★☆☆☆☆☆☆☆

監督/脚本:益子昌一

出演:寺尾聡、竹野内豊、伊東四朗、長谷川初範、木下ほうか、池内万作、岡田亮輔、佐藤貴広、黒田耕平、酒井美紀、山谷初男ほか

原作:東野圭吾著「さまよう刃」

配給:東映

上映時間:112分

東野圭吾原作で150万部突破のベストセラー小説を映画化。少年犯罪がもたらす社会的矛盾を突いた社会派ミステリー作品。と思っていたが、時代錯誤な矛盾だらけの作品だった。
妻を亡くし、ひとり娘と2人暮らしの平凡な父親・長峰重樹。ある日の学校の帰り道、少年たちによって長峰の娘は拉致・監禁・凌辱されてしまい、さらに翌日死体となって川から引き上げられる。だが犯人の手掛かりは無く、失意のどん底にいた長峰だったが、あるとき謎の密告電話が掛かってくる。犯人の居場所を知った長峰は、娘が拉致監禁されたとされるアパートへ向かうのだが・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「さまよう刃」感想文)


東野圭吾は1958年生まれだから現在51歳か。原作「さまよう刃」の執筆が2004年とたかだか5年前と。う~ん私は原作を読んでいないので、映画がどれほど原作重視に造られたのかは判らないんだけど、もし細部に至って違いが無いのであれば、東野圭吾はどんだけ世間知らずなんだと首を傾げてしまう。その位現実に則していない出来事が次々と起こってしまう作品だった。

特に携帯を含む電話の扱いがヒド過ぎる。いまどき「おばさん刑事」みたいな2時間ドラマだってしないヘマをしてしまう。それを気が付かない位世間知らずなのか?東野圭吾は。それとも40代そこそこの監督がバカなのか?正直私はそういった矛盾点をスルーしてしまうタイプなのに、そんな私でさえ気になる事ばかりが起こってしまい集中して観る事ができなかった。

それとも気にしてはいけないのだろうか?それよりもドラマに描かれたメッセージを受け取れと云うのだろうか?だが現実的社会問題を扱うのに、最低限の常識は備え描くべきだろう。でなければ絵空事になってしまい説得力が無くなってしまうではないか。せっかく画造りは素晴しいのに、なぜ作品に必要なリサーチを怠るのだろうか?

これは「踊る」の脚本家・君塚良一によく見られる現象だ。何故か彼のではあらゆる職業に対する敬愛の念が感じられない。聞きかじった知識だけを頼りに、作品で扱う職業などを適当に描写してしまうのだ。それでいて妙にメッセージ性を取り込もうとしたり社会派を気取ったりするもんでよけいに性質が悪い。それでも作品はヒットしてしまうから尚更頭にくる。

もしかして”その程度で大丈夫でしょう”なんて風潮が蔓延してるんだろうか?それとも(無意識にかもしれないが)観客をバカにしているのだろか?だったら単にバカである事を願うよ。
スポンサーサイト

映画/邦画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。