ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010 09年日本

2009年12月19日 16:50

158.jpg
2009年12月12日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★☆☆☆☆☆

監督:田竜太

脚本:米村正二/三条陸

出演:井上正大、戸谷公人、村井良太、森カンナ、桐山蓮、菅田将暉、山本ひかる、広瀬アリス、及川奈央、石橋蓮司、寺田農、吉川晃司ほか

原作:石ノ森章太郎

配給:東映

上映時間:約90分

毎年夏に映画化されてきた仮面ライダーだったが、今年からライダーの放映時期を戦隊シリーズとズラしたため、変則的プログラムだが年末に初めて映画が製作された。前期に放映していた「ディケイド」の最終回にあたる完結編と、今期からスターとしている「W」の前哨的物語”ビギンズナイト”の2作品が1本の作品の中で描かれている。
世界の破壊者となってしまったディケイドこと士は、夏美やユウスケの願いも虚しく次々とライダーたちを倒していく。謎の女性・岬ユリコに付きまとわれながらも戦い続けた結果、いつしかライダーはユウスケだけになってしまった。そんな中、蝶女とゾル大佐を新たな幹部に引き入れスーパーショッカーが復活してしまう。一方、クリスマスに浮かれていた鳴海探偵事務所に、死んだ筈の姉を探して欲しいと云う依頼が舞い込むのだが・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010」感想文)


タイトルが長い!・・・は置いといて、さすがの何でもアリな世界観のライダーと云えども、今回ばかりはやり過ぎ、というか無理があると思った。

「ディケイド」の完結編と「W」の誕生秘話が存在し、描かれる事には何の疑問も無い。むしろ楽しみと云ってもいい。だがそれをワザワザ劇場にまで引っ張り上げる理由が最後まで判らないし、その想いは作品を観てからも変わらない。つまりこの作品で描かれた内容であれば、TVシリーズに組み込んだ方がより自然に観る事ができると云う事だ。

もちろん劇場版ならではの要素もある。だがそれは基本見た目に楽しむ視覚的要素ばかりであり、物語に深く食い込む事でも、決して外せない要素でもない。「ディケイド」はTVシリーズの続きであり、「W」はTVシリーズの始まりなのだから、それこそTVシリーズの中で描くべき物語であり、実際そういった物語だったからこその疑問なのだ。

例えTVシリーズから派生した映画であっても、その作品の中で物語が始まり収束していくのなら映画化する意味もあるだろう。観客だってひとつの物語を観たという満足感を得られるのだから。未だに続いている「電王」などはいい例で、今年公開された作品も(そりゃあ世界観を知っておいた方がいいだろうが)ひとつの作品として始まり、一応は完結している。ああいったカタチであれば、ファンは基より映画を観るという満足感が得られるのだから製作される事には何の意義も無い(あまり軽はずみに造って欲しくは無いけど)。

今回の作品も別段ツマラナイと云う訳ではない。「ディケイド」の方が消化不良な感じはするが、見所もちゃんと用意されている。それにレビューにも書いたが、今回演出を担当された田監督は”魅せ方”に優れた演出家なので、変な言い方になるが例えツマラナイ物語でも、ある程度の面白さまで底上げする事さえできてしまうのだ。だからもし今回の作品を別の演出家の人が撮ってしまうと、目も当てられないレベルまで落ちてしまう可能性だって・・・ない事も~ないかな?そりゃ幾らなんでも失礼か。

とはいっても映画が公開されればあれだけヒットするんだもんなぁ。今回「ワンピース」が化け物的興行収入を挙げたから2位に甘んじているけど、それが無きゃダントツ首位を取っているでしょ。「ワンピース」も東映が配給だから会社は喜んでるだろうなぁ。東映がアニメと特撮頼りってのは何とも言えない複雑な気持ちではあるけどね。
スポンサーサイト

映画/邦画/2009下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。