ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 09年スウェーデン 

2010年01月22日 17:57

212.jpg
2010年1月17日ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞

評価★★★★★★★☆☆☆

監督:ニールス・アルデン・オプレヴ

出演:マイケル・ニクヴィスト、ノオミ・ラバス、スヴェン・バーティル・トープ、ステファン・サウク、イングヴァル・ヒルドヴァル、レナ・エンドレほか

原題:「MAN SOM HATAR KVINNOR/THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO/MILLENNIUM:PART 1-MEN WHO HATE WOMEN」

原作:スティーグ・ラーソン著

配給:ギャガ GAGA★

上映時間:153分

全世界で1500万部を売り上げだけではなく、出版の前年に作者であるスティーグ・ラーソンが他界してしまった事でも話題(しかも処女作)となった、3部作からなる原作の第1作目を映画化。他の2作も映画は完成済みだとか。
40年前、ストックホルムの孤島で忽然と姿を消したひとりの少女。彼女の血縁であり大企業の重鎮が捜査を依頼したのは、名誉棄損で有罪判決を受けていたジャーナリストのミカエルだった。半年後に投獄が確定していたミカエルだったが「見付からなくても捜査だけはして欲しい」という願いを聞き入れ、半年間孤島へと移住する事を決意する。一方、以前ミカエルの身辺調査の依頼を受けていたリスベットは、ミカエルの新しい動きを察知し・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」感想文)


とりあえず原題名が長すぎる!書き写すだけで苦労しちゃったよ!ちなみに訳せる人の話だとネタばれ的な題名だそうなので、意味なんかは知らない方がいいのかも。・・・判んないけど。

上映時間が長い作品なんだけど、ノオミ・ラバス演じるリスベットの存在がそれを帳消しにしてくれた作品だった。だからもしリスベットを受け入れ難い人物として捉えてしまうと、終始ツマラナイ作品になってしまう可能性が高い。レビューにも書いたが、物語そのものは既存に存在するようなモノだし、謎解きもさして難しいレベルではないからだ。サスペンスとしてドラマの醍醐味が希薄なこの作品を稀有な存在にまで押し上げたのは、ひとえにリスベットの存在があってこそと言ってしまってもいい。

でもリスベットって映画の中の架空の人物であったとしても、嫌われやすい存在なんだよねェ。心を打ち解けないから感情移入するが非常に難しいんだよ。かと言ってそこいらに居るようなキャラクターじゃないので、誰かを当てはめるなんて事もできやしない。私のように半分ぐらいは面白がって見なきゃ受け入れるのは難しいんじゃないかなぁ?決して悪い意味じゃなくて。

ただし3部作という事からも想像できると思うけど、まだまだ人間性をさらけ出した訳ではない。もうすでに完成した残り2部作でその辺りも追々語られていくだろう。楽しみに待つとしようか。

それより前売り券発売してね。公開する劇場にまで出向いたのに「前売り券は製造されてません」って言われちゃったよ!初めてじゃないかなぁ、ワザワザ劇場まで行ったのにそんな事言われたの。前売りの差額なんか気にすんじゃねェって言われそうだが、年間200本ほど観ている私にとってはチリも積もればで結構大きいから何とかして欲しいなぁ。
スポンサーサイト

映画/洋画/2010上半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。