ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

サロゲート 09年アメリカ

2010年01月27日 14:59

217.jpg
2010年1月22日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★☆☆☆☆☆☆

監督:ジョナサン・モストウ

出演:ブルース・ウィリス、ラダ・ミッチェル、ロザムンド・バイク、ボリス・コジョー、ジェームズ・フランシス・ギンティ、ヴィング・レイムス、ジェームズ・クロムウェル、ジャック・ノーズワージーほか

原作:ロバート・ヴィンディティ/ブレット・ウェルデレ

原題:「SURROGATES」

配給:ウォルトディズニースタジオ モーションピクチャーズジャパン

上映時間:89分

「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ監督×ブルース・ウィリス主演による、近未来を舞台にしたいかにもハリウッドなアクション大作映画。設定は面白いがとっても大味な作品に感じてしまった。・・・私だけ?
”サロゲート”と呼ばれる身代わりロボットが開発された近未来では、人類は快適で安全に暮らせるよう全ての社会生活をサロゲートに代行させるようになっていた。もはやリアルな人間社会など死滅してしまい、100%の安全と100%の自由を得る事で人類は無限の幸せを手に入れる筈だった。だがあるサロゲートが破壊され、使用者本人までもが死亡してしまうという殺人事件が起こる。システム崩壊を恐れ、捜査を開始したFBIのグリアーだったが・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「サロゲート」感想文)


ハリウッド大作の判り易い駄作って久々観た気がする(まあ駄作は言い過ぎかもしれないが)。基本となる設定は素直に面白いと思ったが、それを全くと言っていいほど物語に生かしていなかった。これだけ奇抜な設定なのだから、もっと徹底して煮詰めないと説得力など生まれる訳無いのに、えらいまた薄っぺらにまとめてしまったようだ。


ホンのちょっとネタばれになってしまうが、映画冒頭の事なので許して欲しい。この作品の世界では”サロゲート”というシステムが誕生し、14年間で世界中に広まったという説明がある。”人類がたった14年で生き方を変える”この大前提がそもそも私には受け入られなかった。半世紀も前ならば未来への夢に無限な想像力を膨らませられるだろが、今この現代において人類の進化が意外にトロいのは周知の事実だろう。携帯電話の機能だけが複雑化するという小手先の進化はあるかもしれないが、人そのモノが変わるなんてそうそうある事ではない。

確かに今は人同士の関わり合いが減ってはいるが、人同士のぬくもりを機械に任せるなんていう思考が世界中の人間に生まれ広がるなんて云う発想、私には理解不能だ。そりゃあごく一部にそういった人がいる事は判るが、その人たちだって心の底から拒絶している訳ではなく、そこに至る理由があったからこそ今の現状になったに過ぎない。もしできる事なら普通に暮らしたいという気持ちはどこかに残っている筈だし、そうあって欲しいと信じている。

なんか今回の作品の発想の発端が、オタク的思考を上っ面に捉えただけのような気がしてならない。この世界観でサロゲートを拒む人間の代表を、典型的なオタクに仕立て上げた事からもそれは明白だ。別にそうであっても徹底した世界観を築き上げたのなら全然構わないが、そのシミュレートがいい加減すぎるよ。人がそんなに単純な訳は無い。

・・・考えすぎかな?
スポンサーサイト

映画/洋画/2010上半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。