ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

おとうと 09年日本

2010年02月23日 15:10

230.jpg
2010年2月18日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★☆☆☆☆☆☆☆

監督/脚本:山田洋次

出演:吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮、小林稔侍、森本レオ、笹野高史、芽島成美、田中壮太郎、キムラ緑子、近藤公園、小日向文世、石田ゆり子、横山あきお、加藤治子ほか

配給:松竹

上映時間:126分

山田洋次監督10年振りの現代劇。・・・現代劇には思えないが。ちなみにチラシの写真とこの文章との間に開いた余白だが、上手く映らなかっただけで出演者やスタッフが明記された場所になっている。・・・何だこの解説?
夫を早くに亡くした吟子は、東京の商店街にある小さな薬局を切り盛りしながら女手ひとつで娘の小春を育て上げ、今は義母の絹代と3人で暮らしていた。やがて小春の結婚が決まり、相手の男性が医者の家系であった事から盛大な結婚式が執り行われたのだが、吟子の弟で大阪で旅芸人をしている鉄郎が突然式場に現れ、散々灸を据えられたにも拘らず酔っ払って式をメチャクチャにしてしまうのだった。


(Yahoo映画レビューに投稿した「おとうと」感想文)


にいさん→おとうと、いもうと→ねえちゃんに変わっただけで、やっている事は「寅さん」と何ら変わりない作品だ。というか寅さんは兄貴である分どこか男気が残っていてまだマシだが、鉄郎は人に迷惑を掛けるだけの甘えん坊としか描かれておらず、それこそ姉でもなければ可愛げなんか感じようもないダメ人間として登場する。

ただ別に寅さんっぽい作品だからダメなのではない。私自身「男はつらいよ」は普通に楽しむ事ができるし。レビューにも書いたけど、”現代を描く”のにまんま「寅さん」だったから面白くなかったのだ。

この作品にはビックリするほど”今”が描かれていない。私が自分の価値観の中でそう思っただけなのかもしれないが、それにしても現代の臭いが殆ど感じられない。ぶっちゃけちゃえば”山田監督の理想とする処の現代”が描かれたんじゃないかとも思った。監督が長年培ってきた確固たる信念の下構築される世界観そのモノが描かれているのだから、必然的にそうじゃないかと云わざるを得ない。・・・まあそれも私の勝手な想像だけど。

ただまあそれとは別に、吉永小百合と蒼井優が親子って処にも違和感ありありなんだけどねェ。そりゃあ吉永小百合が綺麗なのは認める(一度だけ仰天するほど美しいショットがあった)が、そのチグハグさがホントはこの作品、20年くらい前を舞台にしてんじゃないの?と勘違いさせるほどなのだ。かろうじて携帯やパソコンなど登場するが、全く作品の空気感には馴染まず終わってしまう。

どんなに田舎を舞台にして作品を造ろうとも、今を生きる傷みたいなモノが映像からは滲み出るモノだ。普通は。ましてこの作品は東京と大阪を舞台にしているのだ、どうあがいても”今”が見えてきそうなものなんだけど・・・。ある意味その徹底ぶりは凄いけどねェ。

もし今後山田監督が現代劇を撮っても、もう観ないかなぁ。時代劇なら面白そうだけど。
スポンサーサイト

映画/邦画/2010上半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。