ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ルドandクルシ 08年メキシコ 

2010年03月02日 18:04

253.jpg
2010年2月21日シネマライズにて鑑賞

評価★★★★★★☆☆☆☆

監督/脚本:カルロス・キュアロン

出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナ、ギレルモ・フランチェラ、ドロレス・エレディア、アドリアーナ・パスほか

原題:「RUDO Y CURSI」

配給:東北新社

上映時間:101分

「天国の口、終わりの楽園。」で兄アルフォンソと共同脚本を手掛けたカルロス・キュアロン初長編監督作品。世界で活躍するメキシコ出身監督がこぞって立ち上げた製作会社”チャ・チャ・チャ・フィルムズ第一弾作品でもある。
メキシコの片田舎のバナナ園で働きながら、地元の草サッカーに明け暮れる兄のベト(キーパー)と弟・タト(ストライカー)の兄弟。ある日偶然通りかかったサッカー・スカウトが二人の才能に目を付け、始めは弟のタトを、そして後に兄であるベトをメキシコシティに招き入れる。二人はチームこそ違えど、徐々に才能を開花させスター選手へとのし上がっていく。だが貧乏であった二人がいきなり大金持ちになってしまったために・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「ルドandクルシ」感想文)


何だか笑ってしまうほど予想通りにおのぼりさんが転落していく様を描いている作品で、最後こそ皮肉をギュッとツネった様な人生の苦みを感じさせてくれるが、基本ノリだけで行動してしまう男たちの顛末という意味では特に強い印象を受ける物語では無かった。もちろんドラマとして質が高いからこそなんだけど。

それにしても解説に書いた”チャ・チャ・チャ・フィルムズ”の創設者が何気に(というかかなり)凄い人たちで驚いた。「天国の口、終わりの楽園。」や「ハリポとアズカバンの囚人」の監督であるアルフォソン・キュアロンと、「21グラム」や「バベル」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ、そして「パンズ・ラビリンス」や「ヘルボーイ」などを手掛けるオタク監督の第一人者・ギレルモ・デル・トロという3人なのだ。

今現在世界中で活躍している彼らが、母国であるメキシコで映画製作会社を立ち上げ作品を世に送り出す。まだまだ結果の出ていないこれからの試みではあるのだが、何かいいなってホント思う。幾ら有名監督だからといてそんな簡単に事が運ぶ訳ではないだろうに、「俺たちで自分たちの国の映画産業を盛り上げようぜ!」って心意気がカタチになっているのだ。それだけでも凄いよ。

日本ではアングラで頑張っている人たちがごく僅かいるくらいで、映画産業などバカみたいにキッチリとシステム化されちゃってつまらないったらありゃしない。作品の質よりヒットする作品造りを優先し、製作委員会という名ばかりのプロデューサー連中がぞろぞろと存在し、タイアップが何よりも重要視され、TVとの連動企画によってとにかく露出を増やし、それによって観客を増やそうって魂胆しかない作品がホント多い。

それでもそんな中、時折グッと来る作品に巡り合えるから観続けているけど・・・ハズレが多過ぎるだろ!ってよく同じネタで何度も愚痴ってるなぁ、俺。そんな自分も嫌んなる。
スポンサーサイト

映画/洋画/2010上半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。