ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

お笑いインフレ魔神 『S-1バトル』

2010年03月20日 12:41

記事に書くような事じゃあないと思うんだけど、先日『S-1バトル』というお笑いコンテスト?でNON STYLEが優勝し、1億円の賞金を貰っていた・・・らしい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100319-00000009-oric-ent『S-1バトル』でNON STYLEが王者に

私はお笑いは好きだが、この『S-1バトル』に関しては何となく耳に聞こえてくるくらいでほぼ全く見ていない。トータルテンボスが2ヶ月連続チャンピオンになって2,000万円貰ったとか、トータルテンボスのアフロの方がプチドッキリに掛けられた映像を作っただけで2,000万円貰ったとか、まあその程度だ。


NON STYLEの作品は見ていないので作品としての判断はできないけど・・・


1億円の価値は無いでしょ、間違いなく。


『S-1バトル』はソフトバンクが提供になり、日本テレビが放映権を得ている(ですよね?)。すでにあるテレ朝のM-1、フジのR-1、TBSのキング・オブ・コントに触発されたカタチで作られたコンテストなのは想像に難しくない。だが最後発であり、一通り笑いのスタイルと云う意味でのコンテストがすでに存在する中で独自性を出さなければならない中、仰天するほどの賞金を用意するってのは1万歩譲って判らないでもないが、それにしても高すぎるだろう。

M-1の一千万円というのは非常にバランスの取れた値段設定だ。コンビ結成10年以内という、必然的に若手で貧乏が多い挑戦者が目指すには高額でありながらも現実的な金額であり、かと言って金額のインパクトが優勝した事によって得られる名誉を傷つけたり隠してしまうような事も無い。お笑い芸人としての名誉を得られた上で、それに対して払われる対価としては丁度いい金額なのだ。

だが『S-1バトル』に賞金以上の何かがあるのか?金にモノを言わせ、話題作りをしただけ以上の心意気があるのか?見てない私が云える事ではないが、いい大人(しかもそこそこ売れてる芸人)が金に群がっているだけにしか見えないよ。ジュニアやケンコバ、河本や陣内、おまえらもういいだろ、そんな素人が投稿するような映像投稿のコンテストに参加なんかしなくても。

しかも順位を一般投票によって決めるもんだから、人気がモロに票に反映されちゃっている。中には作品の質を吟味し投票する人もいるだろうが、好きな芸人を応援するのは素人にとって当たり前の感情であり、不正とは云わないまでも平等な評価が下るとはとてもではないが思えない。M-1のように、ほぼ全く無名であったアンタッチャブルやサンドウィッチマンが優勝するなど、とてもではないが想像が付かない。

以前今田耕司が「こんな仕事(番組司会)してられへん、ワシもS-1に参加せな!」と冗談半分に云っていたが、1億円と云う金額はそれだけの魅力と魔力がある。今田だから冗談として処理できるが、普通なら欲しいという気持ちを抑えるのが極めて困難な金額だ。しかもたった3分間の映像を作るだけで貰える可能性が生まれるのだから、参加しない理由を探す方が難しいだろう。


芸人として世に認められ収入が増えていく、これは当たり前であり、基本芸人はそれを目指す。だがそれだって同等の対価が設定されているのであって、芸人はそれ以上に才能を発揮しなければならないのだから、素人が考える以上にイバラの道である筈だ。だが『S-1バトル』のやっている事は、そのイバラの道をくぐり抜けてきた人たちでさえ目の眩むほどの金をばらまいて行われる、何の意義も志も感じられない酒池肉林に過ぎない。芸に対する対価という価値観を、1億トンのハンマーでぶち壊してしまう”お笑いインフレ魔神”と云えるだろう。


ハッキリ言ってあの公募内容とシステムなら、素人に公募を求めるべきだ。もしくは芸人なりたての連中や映像作家を目指す奴などに、新たな才能を発掘すると云う意味を込めて門を開いてあげるべき企画じゃないのか?ソフトバンクと日テレが何故こんなトチ狂った企画を思い付いたのかは知らんけど、金をバラ撒くんだったらもっと建設的目的に使えよ。それにS-1に翻弄されてる芸人たち、いい加減目ェ覚まさないんだったら芸人なんか止めちまえば?参加したい気持ちは判るけどさぁ、TVで観てても虫唾が走るだけで素直に楽しめないよ。


もう一度言うが、私はお笑いが大好きだ。その発展を心より願っている。だが『S-1バトル』は明らかにその発展を妨げている怪物だ。そんなの私の勝手な妄想なのは百も承知だが、それでもそう思わざるを得ないのだ、私は。


・・・単純にソフトバンクと日テレが嫌いなのが理由だったりして。そーいえば「エンタの神様」って今日(3/20)で終わるんだっけ。やっと終わるのか、あのク○番組。・・・スイマセン、何か下品で。
スポンサーサイト

雑多雑記 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。