ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

カケラ 09年日本

2010年05月11日 17:53

310.jpg
2010年4月29日ユーロスペースにて鑑賞

評価★★★★★☆☆☆☆☆

監督/脚本:安藤モモ子

出演:満島ひかり、中村映里子、永岡佑、光石研、根岸季衣、志茂田景樹、津川雅彦、かたせ梨乃ほか

原作:桜沢エリカ著「ラブ・ヴァイブス」より

配給:ピクチャーズデプト

上映時間:107分

桜沢エリカ原作のコミック漫画を、奥田英二の娘である安藤モモ子が映画化。主演は「愛のむきだし」や「クヒオ大佐」でモモ子の妹(姉だっけ?)安藤サクラと共演している満島ひかり。・・・何の情報だこれ?
大学生のハルはどこにでもいそうな普通の女の子。彼氏はいるものの、何となくズルズルと続いているだけで愛情は満たされていなかった。そんなある日喫茶店でリコという女性に声を掛けられる。リコはハルに「好きになった」と連絡先を渡し去ってしまう。あまりに突然の事で驚くハルだったが、彼氏が浮気症であり自分への粗暴な振る舞いなども重なり、リコと会って話をしてみたいと思うようになっていた。


(Yahoo映画レビューに投稿した「カケラ」感想文)


満島ひかりという人は、女優が普段見せたがらない素の人間性(隠したい部分や汚い部分)を自然に表現できる稀な女優さんだ。この作品でもその表現力は如何なく発揮されており、そんな満島ひかりの女優魂を十分堪能できる作品にはなっている。

ただまあ題材が題材なんでよく判らないってのもホント。特にリコは忌み嫌っている筈の男っぽい振る舞いをハルにしてしまうのがよく判らなかった。恋愛事情ってのが男女でも女子同士でも同じって事なのか?結局は男と女の役割分担をお互いも気が付かぬ内にやってしまっているって事なんだろうか?せっかく女性同士の恋愛を描くのだから、もう少し違う切り口があってもいいと思うんだけどなぁ。

それとも根本は人間同士なんだから、あえて変化させる必要もないのか。だからこそ現実味があると云えるのかも。
スポンサーサイト

映画/邦画/2010上半期 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

なるほど

初めまして。駆け出しの満島ファンです。
なんだか彼女の魅力についての表現で良い印象を抱き、胸のすく思いです。

彼女のもう一つの直近の主演作「川の底からこんにちは」でも、
全感情をさらけ出した演技が印象的でしたね。
ドラマ「ブラッディマンデイ」は終盤の目立つシーンだけ観てましたが
やはり力は物凄い物があって…
(多少使い方が勿体ないというか…)
これからも活躍に期待したいです。
また機会ありましたら。
有難うございました。

2010年05月11日 22:58 | URL | (財)pianissimo | 編集

Re: なるほど

>(財)pianissimoさん
はじめまして、コメントありがとうございます!

> 駆け出しの満島ファンです。
あ、私もです。

> なんだか彼女の魅力についての表現で良い印象を抱き、胸のすく思いです。
言葉を知らないもので中々上手く表現できていないと思っているのですが、そう言って
頂けると非常に嬉しく思うと共に励みになります。ありがとうございます!

> 彼女のもう一つの直近の主演作「川の底からこんにちは」でも、
> 全感情をさらけ出した演技が印象的でしたね。
いや~、この作品は面白かったですね(Yahooには感想を投稿済みなので、近い内に記事に
できたらいいなぁと思っています)。感情の表現力の幅がずば抜けて高いので、観ていて
非常に楽しかったです。

> ドラマ「ブラッディマンデイ」は終盤の目立つシーンだけ観てましたが
> やはり力は物凄い物があって…
> (多少使い方が勿体ないというか…)
「ブラッディマンディ」は未見です。っていうか出演してたんですか、知りませんでした。

個人的には、最近のドラマ枠で満島ひかりを使いこなすのはかなり難しいと考えてます。
同年代で彼女と匹敵するオーラの持主などそう居ないですし、使う側も相当腹括ってないと
良さは引き出せないからです。今のTV屋連中にそれができるとは思えないんですよねェ。
もちろん希望は捨てていませんが。

> これからも活躍に期待したいです。
いい作品に巡り合って欲しいっていうのはホント切なる願いですねェ。ファンとしても。

2010年05月12日 14:27 | URL | ひだっちょ | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。