ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ウディ・アレンの夢と犯罪 07年イギリス

2010年05月19日 18:43

317.jpg
2010年5月4日恵比寿ガーデンシネマにて鑑賞

評価★★★★★★☆☆☆☆

監督/脚本:ウディ・アレン

出演:ユアン・マクレガー、コリン・ファレル、トム・ウィルキンソン、サリー・ホーキンズ、ヘイリー・アトウェル、フィル・デイヴィス、ジョン・ベンフィールド、クレア・ビギンズほか

原題:「CASSANDRA’S DREAM」

配給:アルバトロス・フィルム

上映時間:108分

「マッチポイント」「タロットカード殺人事件」に続く、ウディ・アレン監督ロンドン3部作最終章!・・・そうなの?全部観たけど全く関係ないでしょ。それにロンドンだけで3部作って無理があるでしょ、宣伝とは云え。
ビジネス界での成功を夢見るものの、現実は父親が経営するレストランの手伝いをしているイアン、自動車修理工場で働きながら、酒とギャンブルと恋人と過ごす日々にそれなりに充実感を得ているテリー。そんな兄弟が”カサンドラズ・ドリーム号”と名付けた小型クルーザーを購入した処から、人生の歯車がうねりを上げだす。若く美しい舞台女優・アンジェラに心奪われ、彼女との優雅な生活を実現させようと躍起になるイアン、一方派手なギャンブルに手を出し、巨額な借金を背負ってしまったテリー。そんな2人の窮地を救うための手段とは・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「ウディ・アレンの夢と犯罪」感想文)


ほとんど書き足すような事は無いかなぁ。レビューにも書いたけど、主人公が自分の中には無いであろう人間性な連中なので、全くと言っていいほど冷やかな目線で作品を観てしまったのだ。シェイクスピアじゃないかと思わせるような悲劇へまっしぐらな様子も、「こいつらだったら当たり前」にしか思えなかった。何とも冷たい人間だね、私は。

人ってのは何かにつけてウソを吐く。どうでもいいような小さなウソなどは、自分でも把握できないほど吐いてしまう。特に自分をよく見せるための自慢、これは多いと思うがどうだろう?5時間寝たのに3時間しか寝てないとか、10時間休憩無しで働いた事を半日にしてしまうとか、待ち合せ場所に着いていないのにもうすぐそこまで来てるとか。別にね、そんな程度の事ならウソを吐いてもいいと思うんですよ。相手だってそれほど傷つく事は無いだろうし。

でもね、この作品の主人公(特にイアン)はとにかく取り返しの付かないほどのウソを平気で吐くんだよ。すぐバレるような嘘だし、バレれば相手が傷つくのは目に見えて判るのにそれでも何故だか嘘を吐く。それも基本は自分の欲望を満たすためだけにだ。それがねェ・・・どうしても理解できなかったんだよなぁ。国民性もあるし、個人的な人間性もあるんだろうけど、「何でそんなしょーもないウソを吐くのか?」って思いばかりが頭を駆け巡っていたよ。

・・・処世術?いやいや、それにしては幼稚すぎるでしょ。でも人の本性なんてしょせんその程度かも。まず”自分”だもん。それにしてもこんな事まで考えさせるキャラクターを作るって事は、やっぱウディ・アレンの人間描写には卓越なる技があるって事なんだろうなぁ。ちょっと作品の評価を思い直してみたりして。

・・・書き足す事が無いって割には普通に書いちゃった。
スポンサーサイト

映画/洋画/2010上半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。