ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園- 10年日本

2010年06月08日 15:14

344.jpg
2010年5月27日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★☆☆☆☆☆

監督:猪股隆一

脚本:永田優子

出演:成海璃子、山下リオ、桜庭ななみ、高畑充希、小島藤子、金子ノブアキ、市川知宏、森崎ウィン、森岡龍、坂口涼太郎、宮崎美子、朝加真由美、おかやまはじめ、山田明郷、森本レオ、織本順吉ほか

配給:ワーナー・ブラザーズ映画

上映時間:121分

日テレのズームインSUPERにて紹介された高校生(主に女子)によるイベント”書道パフォーマンス甲子園”を映画化した青春ドラマ。実話というよりは、実際に行われたイベントを基に物語を作成したドラマ、という感じ。
愛媛県四国中央市。ここは紙の生産高日本一を誇る”紙の町”だが、折からの不況によって町の活気は失われつつあった。町にある四国中央高校書道部では、部員が定着しない現状を嘆く部員をよそに「書道はひとりで向き合うモノ」と、意に返さず黙々と書道に打ち込む部長・里子の姿があった。ある日書道部に臨時顧問として池澤という教師が赴任してくるが、教えをする気が全く無い上に里子の作品を見て「つまらない字」と言い放ってしまう。


(Yahoo映画レビューに投稿した「書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-」感想文)


判りやすい感動物語に仕立ててあるんだけど、意外と素直に観れちゃいました。泣いちゃったし。・・・年取って涙腺緩くなっちゃったのかな?

ただ実際に行われている競技を見るってのはこの上ない説得力になるし、その事がこれまでの甘い物語もなんか許せてしまえるという気持ちに繋がったのも確かだ。私はスポーツを見ない(知らない人がやっている事を応援できないという困った性格のため)んだけど、この作品のように競技する連中の人となりを見ていく事で、いつの間にか感情移入できるようになっているらしく、だからこそ試合シーンを素直な気持ちで観る事ができるんじゃないかなと。

あとこれはごく個人的な発見だったんだけど、書道部の部員で山本小春(いつもヘッドフォンをしてる無口な子)を演じた小島藤子を「どっかで見た事あるなぁ」ってずっと思っていて、結局その時は判らず仕舞いだったんだけど、後であの娘がおはガール出身だった事が判ったのだ。・・・え?おはガールって何かって?

おはガールってのは、テレビ東京で平日の朝に月~金でやっている子供向きバラエティ「おはスタ」に登場する、マスコットガール的グループの事なんだけど、1~2年の周期で入れ替えが行われるので、今芸能界で活躍してる人のか中にはおはガール出身って人も実は何人かいたりする。有名なのはフジのアナウンサーの平井理央とか、特撮(特にライダー)によく出演している芳賀優里亜なんかもそうで、おはガール出身ではないものの、ベッキーはおはスタがTV初レギュラーだったりするのだ。・・・え?おはガールとか妙に詳しくってキモい?

いやね、ちょうど仕事に行く少し前に番組が放送しているもんだからつい見ちゃうんだよねェ。考えてみればもうずい分長い事見続けてるなぁ・・・っとそれはいいとして、その小島藤子って女の子の事でした。顔に何となく見覚えがあってもそれだけでは判らなかったんだけど、名前を聞いたときにハッキリ確信できたんですよ。藤子は”ふじこ”って読むんですが、ふじこといったら「不二子ちゃ~ん❤」でしょ?名前にインパクトのある娘だったんで妙に印象に残っていたんでしょうねェ、今でも活躍してるってのが判って妙に嬉しいってのはやっぱキモいのかなぁ?

作品とは関係ない事ばっか書いてしまった。反省、反省。・・・反省とかいう割には同じ事を繰り返してますが。
スポンサーサイト

映画/邦画/2010上半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。