ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ねこタクシー 10年日本

2010年07月02日 17:51

366.jpg
2010年6月20日シネマスクエアとうきゅうにて鑑賞

評価★★★★★★★★☆☆

監督:亀井亨

脚本:永森裕二/イケタニマサオ

出演:カンニング竹山、鶴田真由、山下リオ、芦名星、高橋長英、甲本雅裕、草村礼子、塚本高史、水木一郎、室井滋、内藤剛志ほか

原作:永森裕二著「ねこタクシー」

配給:AMGエンタテインメント

上映時間:106分

「イヌゴエ」「ネコナデ」「幼獣マメシバ」などの作品同様、地方局で放映されるドラマ版と連動して製作された劇場版の最新作。でもってこれまでの作品同様、数多ある動物映画とは一線を画す作品になっている。
間瀬垣勤は人付き合いが苦手なタクシー運転手。社内の売り上げランキングは常に最下位で、妻からは夫として期待されず、娘からはダメな父親と愛想を尽かされていた。ある日いつもの公園で昼飯を食べていると、ちょっぴり太めの三毛猫に見つめられている事に気付く。追い払おうとしても付いてきてしまい、仕舞いにはタクシーの助手席に乗り込んでしまう。仕方なくそのまま仕事を再開したらお客が喜んでしまい・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「ねこタクシー」感想文)


「幼獣マメシバ」よりは一歩及ばずという感じだが、同一スタッフによる一連の作品はどれも面白く、今回の「ねこタクシー」も非常に楽しませてもらった。ただし面白いと感じる一番の理由が主人公の人間性を私自身理解できるからであって、そうでない人にとっては何ともじれったい主人公の退屈な物語になり兼ねない。当たり前だが受け取り方は人それぞれなのだから。

ただ”動物を扱う映画”という意味ではそこいらの作品に比べてもハッキリ別格だと言い切れる。どうしても滲み出てしまう可愛らしさはしょうがないとしても、動物を擬人化せず、都合よく利用せず、あくまでその動物がいる情景を描いているだけであって、これらを徹底して守り作品が造られている。この事だけでも他の動物映画とはその志が全くと言っていいほど異なるのが判るだろう。

動物はあくまで動物であって、人間の都合に合わせて行動などしないし、ましてや人間の気持ちを理解などする訳が無い。そんなのは間違いなく人間側の勝手な解釈であって、ある意味希望と云ってもいい。ただしそう思う事がいけないのではなく、人間側の解釈を動物側が理解していると勝手に解釈する事が私には理解できないだけなのだ。それは自己の押し付けに他ならず、身勝手な暴利ではないだろうか?・・・まあそこまで大げさなもんでもないんだろうけど。

とにかく犬とか猫が冒険しちゃったり、人の気持ちを理解した風に振る舞うってのが我慢ならない自分にとって、この一連の作品は実に心地いい動物たちの生態を魅せてくれる。逆に言ってしまえば、こういったカタチの動物映画がほとんど存在しないとも云える。作品の認知度が決して高いとは言えないのは寂しいが、もし単なる動物モノと思って観ないのなら是非観てみる事をオススメする。・・・退屈とか言わないでね。

あとホントならTV版も観たいんだよねェ。「TV版の方が面白い!」って人がレビューに何人もいたって事は、期待にそぐわず楽しめるのは間違いないと思うんだよなぁ。でもそうなってくると「幼獣マメシバ」や「ネコナデ」などのTV版も観たくなってきたりして・・・。

あー!時間と金がいっぱい欲しい!!(何だそのテキトーな記事のまとめ方は)
スポンサーサイト

映画/邦画/2010上半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。