ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 09年アメリカ

2010年07月17日 15:13

376.jpg
2010年7月4日シネセゾン渋谷にて鑑賞

評価★★★★★★★☆☆☆

監督:トッド・フィリップス

脚本:ジョン・ルーカス/スコット・ムーア

出演:ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィナーキス、ヘザー・グラハム、ジャスティン・バーサ、ジェフリー・タンバー、マイク・エップス、マイク・タイソン、レイチェル・ハリスほか

原題:「THE HANGOVER」

配給:ワーナー・ブラザーズ映画

上映時間:100分

元々日本での上映は決まっていなかった作品だが、ネットによる署名運動が実を結びこの度晴れて公開された。扱う題材や有名スターが居ない事を考えると仕方ないんだろうけど・・・とにかく公開されてよかったよ。
結婚式を2日後に控えた新郎のダグは、独身最後の夜を満喫するために友人2人と新婦の弟を含め計4人でラスベガスへと向う。高級スイートでしこたま酒を飲み、バカ騒ぎをした翌日眼を覚ますとひどい二日酔いで、全員が昨晩の事を覚えていなかった。それどころか部屋はメチャクチャ、花ムコは行方知れず、その代わりに虎と赤ん坊が何故か部屋に居る。事情が掴めない3人は、何とかして昨晩の記憶を取り戻そうとするのだが・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」感想文)


いくら映画の概要を知らせるためとは云え、副題が長すぎるでしょ。・・・という愚痴は置いといて、以前雑誌でこの作品の存在は知っていたので、日本での公開予定がないというのは残念だと思っていたんだけど、こうして晴れて公開してくれたのは喜ばしい限りだ。まあでも何で日本公開を渋ったのかは、作品を観て判ったけど。

まず日本では伝統的と云えるほどアメリカンコメディの受けが悪い。笑いはその国の文化が大きく作用するのでツマラナイと感じる人が多くいるのも判るけど、それにしても近年は特に受けが悪い様に感じる。当然純然たるコメディ(それもメッチャ下品な)である本作は、その伝統を受け継ぎ劇場公開の対象から外されてしまう。

それに有名スターが出演者に居ない(唯一ヘザー・グラハムくらい)のも大きな理由だ。せめて日本で名の知れたスターが一人でも出演していれば多分公開していたと思う。それくらい宣伝文句ってのは重要・・・らしいね、特に日本では。あとは扱う題材かな?バチェラパーティーって聞いた事くらいはあっても、日本人には今ひとつ馴染みの無い文化だから、その事を描いてもやっぱピンとは来ないし、選考でもそう判断されたんだろうね。

まあそれよりも問題なのは、日本人がこういった得体の知れないモノに手を出さないって風習がある事でしょ。何でもいいからブランド(売り文句)がないと手が出ないみたいなのだ。これも近年特に感じる現象だなぁ。元々そういう気質なのに、不景気が選択肢の幅を狭めてしまったんだろうねェ・・・。何とも寂しい限りだが。

作品自体はコメディなんで好き嫌い分かれそうだけど、私は普通に面白かったですね。それにこの手の作品は劇場で観た方がバカ騒ぎできて楽しさが倍増するから、できれば映画館で観て欲しい作品ではあるんだけど。
スポンサーサイト

映画/洋画/2010下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。