ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

SR サイタマノラッパー2 ~女子ラッパー☆傷だらけのライム~ 10年日本

2010年08月26日 18:39

409.jpg
2010年8月13日池袋シネマ・ロサにて鑑賞

評価★★★★★★★★☆☆

監督/脚本:入江悠

出演:山田真歩、安藤サクラ、桜井ふみ、増田久美子、加藤真弓、駒木根隆介、水澤紳吾、岩松了、上鈴木伯周ほか

音楽:岩崎太整

配給:ティ・ジョイ

上映時間:95分

様々な映画祭への出品や、東京だけで4度にも渡るリバイバル上映など、数々の伝説を築き上げてきたインディーズ作品「SR サイタマノラッパー」の第二弾。今度は群馬を舞台に女子ラッパーが大暴れ!・・・的な作品。
病死した”伝説の先輩”DJ・TKDことタケダ先輩が生前繰り広げていたという伝説のゲリラライブの聖地を探しに、隣県の埼玉から群馬にやってきたラッパー・IKKU&TOM。父親の経営するコンニャク屋で働く冴えない女の子・アユムは彼らの出現がキッカケで、高校生時代仲間たちと結成していた女の子5人組のヒップホップクルー”B-hack”の再結成を決意する。だが解散からすでに月日が流れ過ぎているため思うように集まらず・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「SR サイタマノラッパー2 ~女子ラッパー☆傷だらけのライム~」感想文)


外見はどう見ても変な映画なんだけど、「寅さん」「釣りバカ」「トラック野郎」などのプログラムピクチャーに匹敵するほど地に足付いた人間ドラマで、”日本人”である事をとことん追求した表現になっている。おそらくはクドカンのようにノリだけで乗り切ろうとするタイプの作品だと思っていた(それでも乗り切れれば凄いけど)ので、そこは本当に驚いてしまった。これほど純度の高い人間ドラマ、そうはないだろう。

とにかく様々な要素に厚みを感じる。ラップしかり、キャラクターしかり、物語しかり、そして何と云ってもリアリティあり過ぎる女性観が目を見張る。誰かみたいに薄っぺらな感性や知識で作品に挑まないから、どこまでも愛すべきキャラクターであり作品になり得るのだ。これはもう監督のセンスに脱帽するしかない。

しかしまあ面白い映像作家が出てきたモノだ。この調子だとホントに「寅さん」じゃないけど、ある意味無限に続けられちゃうんじゃね?この作品、と思えてくる。正直来年の”TOCHI-GI編”が楽しみだもん。

・・・ホントに楽しみなので。
スポンサーサイト

映画/邦画/2010下半期 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

No title

俺もこのシリーズは好きです。
ひだっちょさんも1を見てください。
2であのサイタマノラッパー二人が登場すると「よっ、待ってました!」って声をかけたくなりますよ。
まさにひだっちょさんの言うとおり、プログラムピクチャーらしさであり、それが良さですよね。
一番、鈴木則文イズムを引き継いでいるのは、入江悠監督なんじゃないかなと思えました。

2010年09月12日 01:01 | URL | sweep | 編集

Re: No title

>sweepさん
コメントありがとうございます!


> ひだっちょさんも1を見てください。
> 2であのサイタマノラッパー二人が登場すると「よっ、待ってました!」って声をかけたくなりますよ。
1ですが、やっと観ました!いや~噂にたがわず面白かったです。それと同時に公開当時の熱狂に触れられ
なかった事が悔やまれます。「よっ、待ってました!」って1を観たからこその想いですからねェ。


> まさにひだっちょさんの言うとおり、プログラムピクチャーらしさであり、それが良さですよね。
> 一番、鈴木則文イズムを引き継いでいるのは、入江悠監督なんじゃないかなと思えました。
昭和を感じさせる画や、負け犬でありながらの人間賛歌、それでいてあくまでも娯楽エンタメに引っ張り上げる
その手腕、驚くべき才能だと思いました。それこそ「トラック野郎」みたいに続いて欲しいですねェ。

2010年09月13日 08:16 | URL | ひだっちょ | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。