ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

トイレット 10年日本/カナダ

2010年09月17日 13:32

426toire.jpg
2010年8月29日銀座テアトルシネマにて鑑賞

評価★★★★☆☆☆☆☆☆

監督/脚本:萩上直子

出演:アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デヴィッド・レンドル、サチ・パーカー、もたいまさこ他

音楽:ヴードゥー・ハイウェイ

配給:ショウ・ゲート

上映時間:109分

特別協賛:TOTO

「かもめ食堂」「めがね」の萩上直子監督による、海外を舞台にした異国間家族ドラマ。萩上監督にとっては海外で自分のオリジナル脚本を映画化という、念願の企画を実現した作品になっている・・・らしいよ。
企業の実験室勤務でプラモデルオタクのレイは、住んでいるアパートが火事になってしまい一旦実家に戻る事に。そこにはピアニストで引き籠りの長男・モーリーと、大学生の勝気な妹・リサ、そして生前母親が日本から呼び寄せた日本人の祖母・ばーちゃんの3人が暮らしていた。極端に人との関わりを嫌うレイは兄弟からの同居の勧めを始め拒んでいたが、他に行く処も無いため嫌々ながら一緒に暮らす事にするのだが・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「トイレット」感想文)


ファンの多い作家性の強い監督(それも女性でカリスマっぽい人)に難癖付けるのは苦手なんだけど、特になんの引っ掛かりもない作品だったなぁ。「みんな、ホントウの自分でおやんなさい」っていうキャッチフレーズを付けてしまうセンスそのモノが私には合わないんだけど。

人の個性を表現するのに”カタチ”は大事なんだけど、それだけを頼りにしてしまうとその人の本質を描くまでには至れない。個性を強調したコメディならまだしも、”ホントウの自分”を描く筈の作品においては、どう考えても間違った表現方法となる。「トイレット」に登場するキャラクターって結局はその辺がフワッとしか描かれてなく、誰ひとり”ホントウ”の素顔は見せない。・・・っていうか圧倒的に表現不足なのだ。

それとレビューでもチラッと書いたが、オタクであるレイの”オタク的資質”がどうにも適当で、何故理解もせず重要な登場人物としてオタクを設定したのか、それが理解できない。オタクは”ロボット”という曖昧なモノに執着などしないし、閑散とした小奇麗な部屋には住まない(特にプラモデルを収集してるなら)。例え手の出ない高額商品であっても、ウィンドウショッピングで済ませる事は無い(ちなみにフィギュアを扱う店であの手の店員がいる事はあり得ない。もし雇っているならそんな店潰れるべきだ)。

だったら潔癖症で神経質、人付き合いが極端に苦手、これだけでいいでしょ。それでも十分な個性だよ。なのにワザワザ何故オタクという設定を(それも知りもせず)足したのか?「使い勝手が良さそうだから」意外に理由がある?エピソードが作りやすかったからでしょ?「トイレット」に登場するキャラクターってそんな連中ばっかりだから、それが被害妄想だと判っていてもバカにされているような気がして腹が立つんだよ。

・・・まあ作り手にそんな意識無いんだろうけどねェ。・・・それはそれで腹が立ったりして。
スポンサーサイト

映画/邦画/2010下半期 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

No title

この映画は見てないんですけど、邦画における「オタク」の扱い方は酷いですよね。
設定だけ与えて、ディテールは何も決めていない。

「ヒーローショー」でも主人公が妹萌えのオタクってことしでしたけど、ノートパソコンに写ったアニメ絵をちらっと写すだけで、「オタクである」というアリバイを作ったようになってんのが許せなかったです。

そういうのはきっちり描いてほしい。

2010年12月04日 20:54 | URL | sweep | 編集

Re: No title

>sweepさん
コメントありがとうございます!


> この映画は見てないんですけど、邦画における「オタク」の扱い方は酷いですよね。
> 設定だけ与えて、ディテールは何も決めていない。
世間的には何となく認知された感じのある「オタク」ですが、それは同時に「結局は何となくしか認識されて
いない」のだと思ってます。それにここの処の邦画のディティールのいい加減さは目に余る酷さで、それは
オタクに対する扱いの適当さを見ても明らかでしょう。見た目に扱いやすいという理由でオタクを登場させる
っていうのは、いい加減止めて欲しいんですけどねェ。


> 「ヒーローショー」でも主人公が妹萌えのオタクってことしでしたけど、ノートパソコンに写ったアニメ絵をちらっと写すだけで、「オタクである」というアリバイを作ったようになってんのが許せなかったです。
ああ、あれは明らかに要らない描写ですね。あのシーンが無くても彼のキャラクターは成立しますから。まあ
作品の描くべき本質とは外れた部分なので、それこそ軽い気持ちで描写したんだとは思いますが、その”軽い
気持ち”にもっと配慮するべきがあるって事を気が付いて欲しいですねェ。

ちなみに「トイレット」のオタク描写は「ヒーローショー」とは比べ物にならないくらい適当です。ある意味
必見ですが、作品としてつまらないので個人的にはオススメしません!

2010年12月06日 17:45 | URL | ひだっちょ | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。