ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

おにいちゃんのハナビ 10年日本

2010年10月17日 23:35

440hanabi.jpg
2010年9月26日新宿武蔵野館にて鑑賞

評価★★★★★★★★☆☆

監督:国本雅広

脚本:西田征史

出演:高良健吾、谷村美月、宮崎美子、大杉漣、早織、尾上寛之、岡本玲、佐藤隆太、佐々木蔵之介、塩見三省ほか

主題歌:藤井フミヤ「今、君に言っておこう」

配給:ゴー・シネマ

上映時間:119分

テレビでのドキュメンタリーが発端となり企画された、実在する兄妹をモデルに作られた感動作品。”実話”と紹介されているが、改変個所も多くその実態は違う・・・が、それが功を奏し成功している作品でもある。
急性白血病である華の病気療養のため、新潟県にある小さな町に5年前に引っ越してきた須藤一家。だが16歳になった華は病気の再発により半年間入院してしまう。入院生活を終え家に戻ってみると、兄である太郎が半年前から自室に引きこもっている事を知らされる。華の呼び掛けにも全く応じようとしない太郎に対し、何とか外に出て貰おうと友人たちにも協力してもらい試行錯誤するが、中々思いように上手くはいかず・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「おにいちゃんのハナビ」感想文)


これほど素直に大泣きできる作品だとは思わなかった。外見は紛れもなく私の嫌いな押し付けがましい感動作なのに、その実態は見当違いも甚だしいほど違っている。・・・いや、そう思う人もいるかもしれない。だけど少なくとも自分は、劇場が明るくなるのを待って欲しかったほど泣いてしまった。いい意味で裏切られたって事だ。

その理由は投稿したレビューに書いたのでここでは割愛するとして、パンフを読むと判るんだけど、この作品”真実を基に作られている”と謳っている割に改変部分が多く、それを知る事でもしかしたら感動が薄れるかもしれないんだけど、その改変がある事で映画としては成功しているのも事実なのでちょっと書き出してみたい。

まず須藤一家は都会から引っ越してきた訳ではなく、地元で育った家族らしい。兄である太郎は引きこもりでもなんでもなく、友人たちと遊び呆けている間、病気の妹にあまり構ってあげる事なく亡くなってしまったため、それを悔いての花火作りだそうだ。つまり映画でいう所のドラマ部分(兄の成長と兄妹の絆)はほぼ創作と言ってもいいだろう。幻滅するかもしれないが、事実というのは往々にしてそういうモノ・・・とも云える。

だが、この創作部分が物語として実に巧く機能するため驚くほど感動できる・・・とも云えるのだ。描きたい事を誇張せずにちらかさず、丁寧且つ繊細に描写していくため真実より真実味が増してくる、とでも言おうか。泣かせようという作り手のあざとさが見えないため、例えそういう描写であっても素直に受け入れてしまうらしい。

って事は、一歩間違えば乱立する安っぽい作品にも成り得た、とも云える。しかもその要素は限りなく沢山詰まっているのだから。それって(当たり前なんだけど)作り手のセンスが如何に大事であるかをうかがい知る事にはならないだろうか?もし同じ企画・脚本で出演者が一緒であっても、作り手が違えば(いいも悪いも)全く違う印象を与える事になるだろうからだ。しかも”よくなる可能性”は限りなく低い、と言わざるを得ない。

だから何が嬉しいって、”この作品を観に行った事”これに尽きる。自分でも最終的に何が決め手で観に行ったのかはハッキリしないし、予告を観た限りでは観に行かない選択肢を取った筈の作品なのにワザワザ新宿まで観に行ったのだ。・・・まあ実際は絶賛できるほどの作品を見逃している事なんて日常茶飯事なんだけど、それでも嬉しい事に変わりはない。これ系の作品だから尚更かもしれないが。

世間的にはほとんど話題に上がらないし、それに伴い公開館数が少ないのはホント悔やまれるのだが、出来るだけ多くの人に観て欲しい作品だ。特にこれ系の作品に懸念を抱いている人には観て欲しい。もちろん受け取り方に個人差は出るだろうが、カルチャーショックを受ける人の方が断然多いと思うぞ。・・・っていうかさあ、くだらない映画を膨大に宣伝するんだったら、その何分の一でもいいからこの作品をフューチャーしてくれないかね?この作品こそが号泣できる感動作品なのだから。・・・褒めすぎ?
スポンサーサイト

映画/邦画/2010下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。