ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ガフールの伝説 10年アメリカ

2010年10月22日 11:28

444gafu.jpg2010年10月1日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★★☆☆☆☆

監督:ザック・スナイダー

脚本:エミール・スターン、ジョン・オーロフ

声の出演:ジム・スタージェス、ライアン・クワンテン、アビー・コーニッシュ、ヒューゴ・ウィーヴィング、ヘレン・ミレン、サム・ニール他

日本語吹き替え版:市原隼人、川島海荷ほか

原題:「LEGEND OF THE GUARDIANS:THE OWLS OF GA’HOOLE」

原作:キャスリン・ラスキー著「ガフールの勇者たち」

配給:ワーナー・ブラザーズ映画

上映時間:97分

キャスリン・ラスキー著作によるファンタジー小説「ガフールの勇者たち」を、「300」や「ウォッチメン」のザック・スナイダーが驚異のCG技術を駆使し映像化。気ィ狂ったような画をわんさか観る事ができる作品だ。
世界征服を企む”純血団”との戦いに挑む”ガフールの勇者たち”の伝説に夢中な若きフクロウ・ソーレンは、今日も嬉々として妹に伝説の物語を聞かせていた。だが兄のクラッドは伝説など信じておらず、弟を見下すのだった。ある日飛行訓練の最中、木の上の巣から転落したソーレンとクラッドは純血団に囚われてしまう。純血団の本拠地に捕虜として連れてこられたと知ったソーレンは、何とか脱出しようと試みるのだが・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「ガフールの伝説」感想文)


素晴らしき飛翔感が味わえる事、CGとは思えぬ書き込みの世界観を魅せてくれる事など、とにかく鑑賞という意味でなら最高のモノを提示してくれているので、そこは存分に楽しめると思う。あとは話、そこをどう捉えるかだ。特筆すべき個所は見当たらず、ファンタジーアドベンチャーとしての域は脱していないので、見た目以上のワクワク感は得られない。・・・もしかしたら原作重視でのストーリー展開かもしれないけど。

個人的には”家族”の描き方がどうにもシックリこなかった。本筋である兄弟間の確執も時間を掛けた割には描写不足で、性格の不一致以上に(それも憎しみ、殺し合うほどに)対立する理由が感じられない。だがそれ以上に不可思議だったのが両親の反応だ。ほぼ登場しないとはいえ、子供たちが受けた試練を考えるとあまりにもテキトーな受け答えに驚いてしまう。作品のテーマからすれば決して疎かにすべき要素ではないのだが。

それでも見所がある分まだいい。作品としての特色がハッキリしているのだから。物語も普通に面白いので映画を堪能する分には全く問題ないし、世界最高のCGを観るだけでも十分価値はあるだろう。
スポンサーサイト

映画/洋画/2010下半期 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

No title

はじめまして。

ガフールの伝説、見ました。

確かにストーリーの展開は、単純すぎました。

都合よく物語が展開しすぎるというか...

兄と弟の関係については、年齢が近いと負けたくないという競争心みたいなものが、自然と芽生えるのでは?

人間でも同様なことは、けっこう起こることなので、私は自然と見ました。

兄は、弟のソーレンが夢見がちなヤツにも関わらず、自分より勇気があって、自分より飛ぶのがうまいから、どうしても弟の存在を認められないんだと思います。

まあ、小さなプライド抱えてるってことなんでしょうけど、私は兄の気持ちもちょっとわかります。

2010年11月02日 20:58 | URL | naotomo | 編集

Re: No title

>naotomoさん
はじめまして!コメントありがとういございます!


> 都合よく物語が展開しすぎるというか...
おそらく児童文学書などのファンタジー小説が原作ではないかと思いますから、ある程度予定調和なのは
いた仕方ないのかもしれませんが、やはりちょっと物足りなかったです。


> 兄は、弟のソーレンが夢見がちなヤツにも関わらず、自分より勇気があって、自分より飛ぶのがうまいから、どうしても弟の存在を認められないんだと思います。
序盤の兄弟間の嫉妬や確執などは私自身もわりと自然に受け入れる事ができました。ただ中盤から終盤に掛けて
の展開で、「兄弟であってもここまで非情になれるものなのか?」と云う部分に疑問に感じました。たとえ非情
に成らざるを得ない状況であっても、どこかで家族や兄弟としての葛藤があるんじゃないか?と思ったのです。
個人的にはその辺の描写がスルーされたような気がしたのでこのような感想になりました。


> まあ、小さなプライド抱えてるってことなんでしょうけど、私は兄の気持ちもちょっとわかります。
ただ私の場合男の兄弟がいないので、もしかしたら少し違った解釈をしているのかもしれません。女の兄妹だと
そういうの全然無いですからねェ・・・まあ人それぞれ違うのかもしれませんが。

2010年11月04日 17:05 | URL | ひだっちょ | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。