ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

大奥 10年日本

2010年10月22日 13:06

445ouoku.jpg
2010年10月1日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★☆☆☆☆☆☆☆

監督:金子文紀

脚本:高橋ナツコ

出演:二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、大倉忠義、中村蒼、玉木宏、倍賞美津子、竹脇無我、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介、板谷由夏、菊川玲ほか

原作:よしながふみ

配給:松竹、アスミック・エース

上映時間:116分

謎の疫病によって男女が逆転した江戸時代を舞台に、女将軍に仕える女人禁制の逆大奥を描いたよしながふみえ原作の異色漫画を、「木更津キャッツアイ」の金子文紀が演出を務め映像化。・・・もう何でもアリみたい。
男だけを襲う謎の疫病が蔓延し、女の人口の4分の一まで男の数が減った江戸時代。労働の大半は女の役目と化し、男は後継ぎを残すための種馬として重宝されていた。そのため女将軍ひとりに対し、男3,000人が仕える男の園、逆大奥が誕生してしまう。そんな世、若き侍・水野は何の見返りも求めず、貧乏暮らしの平民女たちの種馬として慰みを与えていた。だが自分の立場と暮らしに疑問を感じ、大奥への出征を申し出るのだが・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「大奥」感想文)


私の書いた感想が身も蓋もないのは重々承知なんだけど、どうしても気になってしまったので書いてしまった。フィクションなのだから何をやってもいいんだろうし、都合のいい設定を無理くりやってしまう作家がいくらでも存在するのも事実だ。男子校に女の子ひとりが転校してくるとか、10何人の妹がいるとか。

だが(明確な根拠こそ無いんだけど)どうしても受け入る事ができなかった。男と女の立場を入れ替えるというのは、世の中の構図を引っくり返す事であって、人の本質や本能を捻じ曲げる事にもなる。単に立場が逆転しただけで済む訳はなく、世の中自体が変わる、つまり全く違う歴史を歩んでいく筈なのだ。どれほど男女平等が叫ばれようと男と女の本質が同じになる事は無いし、役を変えれば済まされるといったそんな単純な話でもない。

レビューにも書いたが、元々がそういう世の中ってんだったら判る。それなら男女を置き替え史実を描く事にも納得できる。”もし歴史的出来事が男女逆で行われていたら?”という、フィクションとしてのもしもが成立するからだ。だが現実の歴史を踏まえた上で男女を逆転し、更に史実にのせ描くっていうのは明らかに無理がある。そもそもなぜ女将軍なのに史実と同じ資質を持った将軍として登場させるのだ?なぜ史実と同じような歴史を歩ませるのだ?せっかくのフィクションなのに、なぜ創作しないのだ?

映画の感想と云うより、世界観に対する愚痴になっちゃったよ。・・・なんか申し訳ないッス。
スポンサーサイト

映画/邦画/2010下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。