ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

SP 野望篇 10年日本

2010年12月11日 00:18

468sp.jpg
2010年11月1日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★☆☆☆☆☆☆☆

監督:波多野貴文

原案/脚本:金城一紀

出演:岡田准一、真木よう子、松尾論、神尾佑、野間口徹、堀部圭亮、螢雪次朗、香川照之、堤真一ほか

配給:東宝

上映時間:98分

TVドラマ「SP(エスピー)警視庁警備部警護課第四係」の劇場版で、2部作の内の「野望篇」。キャスト・スタッフ共にTV版から続投されており、物語もTV版からの続きになっている。・・・出来も引き継がれているぞ。
所属するSPのチームリーダー・尾形の発言に、疑心を拭え切れないまま仕事に打ち込む井上は、六本木で警護中にテロを目論む怪しい人物に気が付く。他のチームメンバーによる捕獲には逃げられてしまうも、井上による執拗な追跡によって何とか実行犯を取り押さえる。だがそのテロ騒動はある計画の発端に過ぎず・・・。


(Yahoo映画レビューに投稿した「SP 野望篇」感想文)


TV版を見ていて疑問・・・というか腹の立ったのが適当過ぎる犯人側の描写だ。黒幕は別として、実行犯として登場する連中が揃いも揃って20代前半の若いヤツばっかりなのに、何年もその家業を営んできた如く、人殺しを屁とも思わない態度を振りまいてくる。それだけでもムカっ腹の経つ低レベルな人物描写だが、「今度のSPは手強い」とか「SPのクセにやるなぁ」とか、これまで何度も手合わせをしてきたようなセリフを言い放つのだ。

そもそもドラマ「SP」は、これまで起こり得なかった事件が立て続けに起こっている、という体で物語が構成されている筈だ。フィクションとして現実には起こり得ない事件がドラマで起こる、その事には何の問題も無いが、SPが直接事件に介入するのは初めてだと設定しているにも拘らず、実行犯たちに矛盾となるセリフ吐かせてしまう。しかも何の考察や考慮もせず、雰囲気だけを重視しただけで、だ。

しかしそんなに若者がキライなのかね、このTV屋たちは。「踊る」もそうだけど、犯人の人物像を自分たちで創造できないとなると、”よく判らない”を言い訳に、とたんに若者に罪を被せてくる。それが作り手たちの創造力の無さを露呈してるのは明白なのに、”名の通った作品”という企業の力がそれをうやむやに隠してしまう。だが、どれほど適当な設定の登場人物であっても、若い俳優にとってはまたとないチャンスな訳で、彼らは全身全霊込めて一生懸命に演じる事しかできない。与える側の志がどれほど低くてもだ。

なんかそういうのに利用されているような気がして腹が立つんだよねェ。考え過ぎなのかなぁ?
スポンサーサイト

映画/邦画/2010下半期 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。