ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ヤツの大きい顔がどうにも目に浮かぶ 「もしドラ」鑑賞

2011年07月07日 01:29

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの『マネジメント』を読んだら」鑑賞(タイトル長ェ)。

       645mosi01.jpg


今や飛ぶ鳥を落とす勢いのAKB48 前田敦子主演による、青春映画っぽいアイドル映画。ちなみにAKBに関してはそこいらにいるおじさん程度の知識しかないのであしからず。


原作は(電子書籍を含め)200万部を超えるベストセラーであり、アニメ、漫画化など様々なメディア展開をしているため知っている人も多いだろう。今回満を持し映画化となった訳だ。まあ私はそのどれも未見だが。


まず客観的に映画作品としてみた場合の感想。野球部の女子マネが経済学書をヒントに弱小チームを立て直す、そのアイデアは非常に面白い。が、目新しいのはそれだけであり、語られるエピソードには何らオリジナリティはなく、青春モノにありがちな物語として終始する。もちろんそれらを知らない人にとっては新鮮に映る物語であり、監督の丁重な演出も相まって爽やかな気持ちで終焉を迎える事のできる作品、とも云えるだろう。



       646mosi02.jpg


演技で眼を見張るのは大泉洋だ。普段は気の弱い態度を見せるものの、バシッと決めるときは決める、その落差を自然体で演じており、作品中唯一演技としての巧さを感じさせてくれる。ただし他の連中のレベルが明らかに低く、野球の腕を買われてのキャスティングはまだマシな方だと思ってしまうほど全体的に低レベルであった(もちろん主演である前田敦子を含めて)。



                648mosi10.jpg


その中でもマシだったのが前田演じるみなみの親友、夕紀を演じた川口春奈って娘・・・かな?柔和な笑顔が癒される美少女であり、その人懐っこい雰囲気がよけいに終盤の展開を盛り立ててくれる(個人的な好みもあるが)。それと、特撮ファン的にはキバの瀬戸に目がいくかもしれないが、ゲキレッド・ジャンを演じた鈴木裕樹が意外な役どころながらも好演している。・・・ってか、あまりのビジュアルに気が付かなかったよ。





ところで本作品、青春映画としてもアイドル映画としても、そのどちらの魅力も中途半端にしか発揮されておらず、どういったジャンルに括るのかが難しかったりする。演出自体は意外にもリアリティ重視な雰囲気であり、その演出法が最後までブレなければ質の高い青春映画にも成り得ただろう・・・が、石塚と青木の一連の悪ふざけはとりあえず置いとくとしても、前田の新曲を披露するためだけに作られた全く必然性の無いシーンの挿入や、作品のテーマとは関係のないAKBの楽曲をエンディング曲にしてしまうなど、アイドル的要素を無理矢理詰め込んでしまうセンスの無さがアイドル映画としての質をも落としてしまっている。


その責任が秋元を始めとしたいい大人たちにあるのは間違いない。彼が時代を動かす仕掛け人である事は認めるが、映画に関してはこれまで成功した例が無いと云えるほどク〇みたいなセンスしか持ち合わせておらず、いくら周りが頑張っていいモノを造ろうとしても結局は最終決定で台無しにしてしまうのだ(当然周囲の大人もそれに合わせて動いてしまうだろうし)。映画が好きな自分にしてみれば、彼のやり方はTV屋が造る〇ソみたいな映画と何ら変わりはなく、持たすべきではないヤツが力を持ったと辟易するしかないのだが。


それと、これは相当うがった捉え方かもしれないが、最大の被害者が前田自身という見方もできる。彼女自身が今後どうしていきたいのかなんて私には想像も付かないが、今のところは何をするにもヤツの影響を受けない訳にはいかず、どんな場に登場し、どんなに活躍してもヤツがそのお膳立てをしている様にしか見えないからだ。ファンがどう捉えているかは判らないが、少なくとも私にはそう見えてしまう、どうしても。



もし前田が女優志望であるなら今の環境を離れない限り未来はない。ただ与えられたモノで満足するのなら残念ながらその程度なのだろう。今はまだ自身で道を切り開ける年齢ではないのかもしれないが、決断すべき時期はそう遠くない筈だ。・・・まあ本作を観る限り演技の才能はあまり感じられないけど。
スポンサーサイト

映画的雑記 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。