ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

理想という名のリベンジ 「コクリコ坂から」

2011年07月22日 07:06

ジブリ最新作「コクリコ坂から」を鑑賞。

      664kokuriko.jpg

見事なぐらい写真が出回ってねェ・・・って事で、写真はこれ1枚ですので。



「ゲド戦記」以来5年振りとなる、駿息子である宮崎吾朗が演出を手掛けた作品。今回ファンタジー要素は”一切”無く、半世紀ほど昔の日本を舞台とした淡い青春が爽やかに描かれていく。


正直個性的ではない作品なんだけど、本作に限って云えば監督特有のハミ出さないセンスが作風にマッチしているようで、退屈する事なく最後まで観れてしまう。あまりに気持ちいい連中ばかりが登場する気持ち悪さもあるんだけど、控え目な演出がそれを許してしまう気持ちにさせてくれる・・・みたいだ。

ただ話の組み立てとキャラクターの魅せ方がどうにもヘタクソで、執拗に表現する日常風景にさして意味を感じなかったり、人物像の見えてこないキャラクターが独り歩きしてしまったりと、没個性なくせに作品としてまとまりがなかったりする。センスが無いのか修行が足りないのかは何とも言えないが、”普通”というジブリとは掛け離れた物語をどう扱っていいのか?そんな迷うみたいなモノが見えてしまった。



ところで半世紀ほど昔となると、本作で脚本を手掛けた駿の青春時代であるのは間違いない(厳密には数年のズレがあるが)。というか、明らかに駿自身が体現してきたであろう学生風景が本作では描かれている。それも70年代、歪んだ価値観が蔓延していく時代(学生運動)とは違う、より健全で曇りのない思想による自己表現が繰り広げられている。その精神は学生だけに留まらず、大人にまで影響を与えていき、やけに物分かりのいい大人が登場するにまで至ってしまう。

ジブリという看板を背負った作品だからこうなったのかは判らないが、それはあまりに非現実的理想郷でしかなく、それ以上に駿が想い描く若者の理想にしか見えてこない。これまでファンタジックな作品しか手掛けてこなかった悔やみと、現代の若者に対する辟易とした想いが爆発し造り出した純粋無垢な世界観は、だからこそ”ありえない普通”に思えてしまう。・・・なにもそこまで勘ぐる必要はないんだけど、ウィキ程度で調べられる原作との相違点を挙げるだけでもそれは確信へと変わっていく。少なくとも私は。


原作の舞台が80年代(作品が発表された年なのでおそらく)なのだから、ドンピシャ世代である吾朗が演出を手掛けるのは自然な成り行きだろう。だが何故か時代を逆戻りさせ、せっかくの新たなる挑戦である真正面な青春モノも、駿のリベンジという名の理想郷を掲げるだけの作品と化してしまう。ジブリらしさを脱却しようと意気込み造られた作品の筈が、ジブリが抱える問題をまんま具現化した作品になってしまうのだ。


もうひとつ。今回子供が興味を引きそうな要素が全くと言っていいほど無い。これまでにもその辺が希薄な作品、あるにはあったが、そういう意味で本作は重傷とも云えるケガを負ってしまっている(「火垂の墓」ほど徹底できれば別だが、そこまでの力量は無い、ハッキリ言って)。まあ実際子供たちがどう感じているのかは判らないけど、少なくともジブリ作品を観たという満足感はあまり(ほぼ)得られないだろう、見た目以外には。



作品としてのクオリティが低い、なんて事は決して無い。私は変にうがった観方をしてしまうためこの様な感想になってしまうが、普通に満足感を得られる作品になっている。

・・・なんか妄想ばっかりな感想になってしまったなぁ。ただねェ・・・なんちゅうか「昔はよかった」的な臭いがキツ過ぎて、愚痴を聞かされているような気がしてきたんだよね、何となくだけど。

何となくでここまで愚痴っちゃう自分もどうかと思うけど。
スポンサーサイト

映画的雑記 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

No title

こんばんは。

変にうがってないと思いますよ。

これは私は駄目でした、物語が積みあがってきません、前半ぐだぐだでした、途中退席しようかと思ったくらいです。
ベタすぎるお話、浅い(と言っても程度ものです)人間描写。
背景の画は素晴らしいんですが。
技術は申し分ないけれど、表現すべき内容が空疎・・・そんな感じ。
ジブリの内情が見えてくるような作品でした。

これがあの「ラピュタ」のジブリなのか、と愕然、ため息が出ましたよ、ハァ~。

2011年08月11日 00:37 | URL | じゃむとまるこ | 編集

Re: No title

>じゃむさん
連続コメ、ありがとうございます!


> これは私は駄目でした、
人間ドラマとしては薄っぺらいですね、どうにも。過剰な付け足し(ファンタジー要素とか)がないと、ドラマ
として成立させる事すらできないと云いますか・・・長年の積み重ねによってどう”普通”を演出したらいいか
が判らなくなってしまった、としか思えませんでした。


> ジブリの内情が見えてくるような作品でした。
まさにそんな感じでしたね。次回作は駿の自伝という噂がありますが、二の前を踏む可能性大ですね、今のまま
では。


> これがあの「ラピュタ」のジブリなのか、と愕然、
もうあの頃は帰ってこない・・・やはり「ラピュタ」がピークですかねェ、ジブリは。

2011年08月12日 01:32 | URL | ひだっちょ | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。