ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

毎日かあさん 2011年日本

2011年09月03日 19:16

624mainiti.jpg
2011年2月10日MOVIX三郷にて鑑賞

評価★★★★★★☆☆☆☆

原作:西原理恵子

監督:小林聖太郎

出演:小泉今日子、永瀬正敏ほか

上映時間:114分

※西原理恵子原作のベストセラー漫画の実写化作品

『毎日かあさん』雑感

あくまで私的見解だけど、”漫画を実写化へ”といった意味合いの作品コンセプトなのか、テンポがもろ4コマで表現される場面が多く、別にそれが悪いという訳ではないのだが、家族の日常描写(この辺は4コマ風で正解だろう)と死へ向かう旦那の表現方法があまりに違い過ぎていて、妙なバランスで仕上がってしまった作品だった。要は家族という普遍的日常の積み重ねが、4コマ漫画的表現方法によって所々途切れてしまい、物語としての流れが最後まで作れない、というか作られないまま終焉してしまうのだ。

ただ演技自体は総じてレベルが高く、特に永瀬はこれまでにない迫真とも云える演技を披露する。逆に小泉が肝っ玉母さんにふさわしいとは云えず、無難な母親役に甘んじてしまっていた。まあこれは演出側に腕が足りない事も大きいと思うが(正直使いづらいと思うんだよね、女優・小泉今日子って)。

本作は双璧とも云える作品(「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」西原の旦那が原作の作品)が少し前に公開された事もあって、無意識の内に比べてしまったかも。まあ最終的には好みによる評価の違いなんだけど。
スポンサーサイト

映画/邦画/2011 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

ようやくレンタルで見ました。

実写でやるなら室井滋とかのイメージで小泉今日子には全く期待してなかったので、(今まで年甲斐もなくカワイ子ぶったり、エキセントリックな役しか見てなかったので・・・)
逆に、旦那の尻に蹴り入れてるシーンとか見て「意外と普通にオバサン役できるじゃん」と思ったり。
まあ、あくまでも「普通に」で西原さん役としてはパワー足りてませんでしたね、やっぱり。

西原漫画の独特のセリフ回しも実写では、そのまま使いにくいだろうと思ってたら
そのまんまでしたね、特にモノローグ時は画面真っ暗にするという手で強引に解決してたり。

原作内容を丸暗記している私には、どうしても原作ページのコマが頭に浮かんでしまうので
原作を忠実に再現しようとして映画としてのテンポを殺しているのか、
漫画と同じテンポで成功しているのか、自分では判断できませんでした。

不満点を挙げると、鴨ちゃんが海外で戦争と貧困を目の当たりにしてきた過去を
もうちょっと丁寧に描いてくれないと、原作を知らない一般客には
「難民メシより美味いじゃねえか!」とドッグフードを食べながら彼が
何故、何に対して、怒っていたのか?彼という人間の本質が伝わりにくいかと。

西原との出会いも、あんなセットを使ったコントのようなワンシーンだけでは
鴨ちゃんのドコに惚れたのか?どころか、出会う前にどういう人間だったのかすら
わかってもらえない気がします。

日本ではダメ人間でも、海外では身体一つで生きていける、普通の日本人が知らない事を肌で感じ、出来ない事を平気でやるとか、そのへんを描いておかないと、
子供が水鉄砲を持ってるの見てキレたり、
酒飲んで「ポルポト派に拉致られた事がある」とか騒いだり、
幻覚で戦場の風景を見たりとかのシーンは
酒のせいだけではなく戦場体験で自律神経もやられてる事を原作で知ってないと

少なくとも私の家族には意味不明だったらしく・・・ポカーン?としてました。

個人的にはテンポ良く(アニメ版のグダグダ感よりは)まとまっていたと思いますが、
普通にまとめすぎちゃってパワーが足りなかったかなーという気もします・・・

さて、どちらを先に見ようか迷っていた「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」を借りに行きますか。

2011年09月10日 07:47 | URL | あばぼ | 編集

Re: ようやくレンタルで見ました。

>あばぼさん
コメントありがとうございます!


あばぼさんは原作を読み込んでいらっしゃるんですね、興味深い感想でした。


> 小泉今日子
今しがた思い出したんですが、公開当時”元夫婦共演”が話題になっていたんでしたね。まあそれだけでキャス
ティングされたんではないんでしょうけど・・・ね。


> どうしても原作ページのコマが頭に浮かんでしまう
原作を知る者のジレンマですね。映画化される事へは期待するのですが、無意識でしょうけど比べてしまう。
自分もなるべく客観的に観ようと心掛けますが、原作を読んでいるとどこか比較してしまいます、どうしても。


> 鴨ちゃん
自分は西原視点での作品だから掴みにくい人物像なのかと思ってましたが、原作ではキチンと描かれているみた
いですね。圧倒的に尺不足か、描くべきテーマをもっと絞り込むとよかったのかもしれません。

彼の、内面における己自身との戦いを観客側に伝えるってのは非常に難しいと思います。私自身漠然と理解した
・・・というか、本作より前に公開された「酔いがさめたら~」を観ていたからこそ何かが通じたような気がし
ただけで、その本質に触れられたかどうかは正直疑問です。もしくはこれまでの映画鑑賞歴(彼のような主人公
が登場する作品はままありますので)が助けてくれたとも云えます。

ご家族の方の反応がポカ~ンってのも何となく判りますねェ。


> テンポ良く(アニメ版のグダグダ感よりは)まとまっていたと思いますが、
> 普通にまとめすぎちゃってパワーが足りなかったかなー
ありゃ、アニメ版はグダグダなんですか。せっかくじっくり描けるのに。そう見ると突き抜けたパワーこそ感じ
られないものの、まとまりのある良作なのかもしれませんね。画的なセンスもいいですし。


> さて、「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」を借りに行きますか。
作風(魅せ方)が結構違うので、別の作品として捉えると客観的に観れたり比較できるかもしれません。・・・
私はあんまりできませんでしたが。

2011年09月11日 00:01 | URL | ひだっちょ | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。