ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

週末映画(10/20)

2012年10月21日 06:32

今週は土日で4本観る予定なので、とりあえず今日(10/20)観た2本を紹介。



『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』

       826gyaban001.jpg

1982年に放映されたTVシリーズ「宇宙刑事ギャバン」の生誕30周年を記念し制作された劇場版。2代目ギャバンを襲名した十文字撃の活躍が描かれる。監督は「スーパーヒーロー大戦」の金田治氏。

自分が宇宙刑事シリーズ(メタルヒーロー含む)でキッチリ観ているのはギャバンのみ。リアルタイムで観ていたし、のちにDVDで再度観返しもした。なので作品に対する思い入れは自分が思っている以上に強いかもしれない。そんな自分の感想。

まず、私個人の価値観での話として。「宇宙刑事ギャバン」の魅力はそのほぼ全てが主人公・一条烈を演じた大葉健二そのものにある、といっていい。彼の精悍な顔つきと力強い雄叫び、何事にも怯まぬ心とそれを有言実行する見事な体技。物語的にはあまり魅力のないTVシリーズが最後まで輝き続けたのは、大葉健二氏が主役であったからに他ならない。自分は本気でそう思っている。

なので2代目ギャバンと言われても困ってしまう。全くと言っていいほど受け入れられないのだ、どうしても。正直観終わってもそれは拭えなかったし。それでも思い入れを振り払って感想を述べてみよう。簡単に。


本作は主役である十文字撃個人のエピソードと、2代目を襲名する経緯が並行し描かれる。ただそのどちらもが不十分な表現であり、それぞれの想いもあまり伝わってはこない。描くべき事柄があまりに多いからだ(それでもサービスしなくてはならないためシャリバンやシャイダーを登場させるが、明らかな蛇足となってしまう)。

もうひとつ。キャラ設定や物語の展開などあまりに昔を意識した作りのため、せっかく現代に甦らせ、2代目を登場させたその意味に疑問が残る。中でも一番の問題は撃の性格で、烈から精悍さを欠いた、烈の劣化版的な兄ちゃんになっているのだ。同じ路線を狙っても失敗は眼に見えている筈なのにあえてやる、それが自分には理解できない。大葉健二に正面から挑むその意味が。


・・・結局ネガティブな意見ばかりになってしまった。「ゴーカイジャーvsギャバン」に触発されたっていうだけの、どうしても安易な企画に見えちゃうんだよねェ。あっちが成功したのって、双方の完成された世界観を崩さずぶつけたからこそなんだけどなぁ・・・。まあ自分の場合あくまでも中年の戯言なんでね、子供たちが楽しんでもらうことが第一なんだけど・・・ね。





『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 』

       827odoru003.jpg

TVシリーズ放映から15年。作品を重ね、世界観が広がるほどに劣化していったシリーズも遂に最終作が公開。自分はなんだかんだほぼ全ての作品を鑑賞しているので悩んだ挙句今回も鑑賞。・・・1,000円だったんで。


作り手に変化がないためダメな部分はいつも通りダメなんだけど、それでも最後であると意識したのかここ数年では一番締まった作品となっている。特にシリーズの悪性腫瘍ともいえる笑えない悪ふざけや無駄で大げさなカメラワークがいつもより抑えられていたり、シリーズの根底にあるテーマを改めて見直したりと、最終作として相応しい幕引きを迎えることができた、といっていい作品として仕上がっている。

もちろん問題も多い。悪ふざけはそれでも多いし、犯人側に対する心理描写がいつもの如くヘタくそ、築き上げたモノをぶち壊しかねないオチの付け方など、観客へのサービスをどこか履き違えたその姿勢は相変わらずだ。ただ、それでも「3」を最終作としなかった、それだけは評価できる。このようなカタチで本作が作られたことを、ファンは相当喜んでいるんじゃないだろうか?


ただし、もう作ってはダメだけど。
スポンサーサイト

映画的雑記 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

遅ればせながら

 ギャバン、観てきました。ひだっちょさんのレビューに引っ張られて、観る観ないで迷ったまま、ここまできてしまったのですが、CMにそそのかされる形で観てまいりました。

 たまたま、「毎月23日は1,000円の日」にぶち当たったので、結果的にラッキーな部分もあり。もっとも、そのおかげでエヴァ目当ても多く、長蛇の列にうんざりな部分もありましたが。

 正直、最終的に背中を押したのは、「大葉・ギャバンの活躍も(多かれ少なかれ)観られるんだから」という所でした。それこそ、尺が足りないなら、シャリバン・シャイダーを削ってでも増やせや!って思っちゃいましたがね。

 全般的には、あれはあれでアリかなと思いました。細かい部分は気になりましたけど。ジムニーは青じゃねえだろとか、どこが「漆黒の騎士」やねんとか、シャリバン・シャイダーのかけ声がちょっととか。怪人の造形もなんか戦隊チックなんですよね(VSゴーカイジャーもだけど)。

 それと、せっかく世代交代したのなら、TVシリーズは無理かもしれんけど、映画だけでもシリーズ化しないと、交代した意義が見出せないかなあと。続けるつもりもないなら、ギャバンは大葉健二のままで終わらせておいてよって思います。

 結局、ギャバン=大葉健二が定着しているのも、1年分の映像があったからこそ焼き付けられているという部分もあると思うので、それとたかだか1時間半足らずの映画で比較されてしまう新ギャバンはちょっと酷かなあとも思うからです。

2012年11月24日 11:25 | URL | ズミ | 編集

Re: 遅ればせながら

>ズミさん
コメントありがとうございます!返信が遅くて申し訳ありません。


> ギャバン、観てきました。
作品の感想を述べるとき”こうすべき”っていうのはなるべく避けるべきなんでしょうけど、今回どうしても
我慢できずに書いてしまいました。

ギャバン=大葉健二である以上、2代目を受け継ぐのであればそのエピソードだけでガッツリ1本作って欲しか
った、って強く思いました。それを描いた上で今回の作品で描かれたような十文字撃の個人エピソードで1本、
シャリバン、シャイダー登場の回で1本、この三部作が理想ですね(電王でも一度やってますからできないこと
はない企画だと思います)。もしくはギャバン=大葉抜きに全く新たに作り直すとか。

とにかく詰め込み過ぎな気がしました。それが作品内で昇華されていればいいのですが、それぞれが描き足り
ないから観ているこちらの気持ちの整理が付かないうちに次へ次へといってしまう。ズミさんの言うとおり、
これではせっかく2代目を襲名してもキャラクターとして成長しないまま終わってしまいそうですからね。

コンテンツとしてもっと大事に扱って欲しかったですねェ。もちろんギャバン好きの意見ですが。

2012年12月02日 07:41 | URL | ひだっちょ | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。