ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

週末映画(10/21)

2012年10月22日 23:46

昨日(10/21)映画観終わって家に帰った後、録画したゴーバスターズを観ながらDX版タテガミライオーの写真を撮っていたんだけど、12時近くになっても終わらずに結局断念。ってことで、昨日鑑賞した2本分の感想を本日UPしましたよと。・・・写真撮り過ぎなんだよね、基本的に。




『エクスペンダブルズ2』

       828exp001.jpg

旬を過ぎた男たち(と少人数の現役)による大乱闘映画「エクスペンダブルズ」の続編。前作は主演のスタローンが脚本・監督をこなしていたが、今回は「トゥームレイダー」のサイモン・ウエストが監督を務めている。


順当にパワーアップし、娯楽性が向上した続編。まさかのキャスティングといえた前作だったが、今回さらに凄い事になっている。シュワちゃんとブルース・ウィリスの本格的参戦に加え、悪役にヴァン・ダム、さらには特別出演としてチャック・ノリスまでもが登場する。もうね、自然と笑けてくるんだよね、観ているだけで。年代的には40過ぎた自分よりもう少し上の世代がドンピシャなんだろうけど、それでも堪らない。

しかも今回、そういった世代が喜ぶであろうサービスをあえて盛り込んでいるようで、セリフひとつ、シチュエーションひとつにニヤついてしまう。上の写真にもあるが、シュワちゃんとスタローンとB・ウィリスが横並びでバカでかい武器をぶっ放すとか、中2のとき夢に出たであろう妄想をそのままやっちゃうんだもん。そりゃあ問答無用に楽しいよ、アクション映画大好きなおっさんとしては。

あと今回、スタローン自身が作品への参加を前作以上に楽しんでいるようにも見えた。前作はひとりで何役も担っていたため、本人自身にかかる重圧がそのまま表情に表れてしまったりもしたが、今回は終始いい表情をしており、それが作品の娯楽性をより向上させているようだった。

まあ世代によっては「誰だよ?」ってなるのかもしれないが、一世代を築き上げた熱き男たちが勢ぞろいしてるのは紛れもない事実、理屈なんか無視して楽しんでしまおう!





『希望の国』

       829kibou016.jpg

「愛のむきだし」や「冷たい熱帯魚」の園子温監督最新作。前作「ヒミズ」で原作には無かった震災を取り入れていたが、今回は震災そのもの、及び原発をテーマとした作品になっている。


東日本大震災から数年後の日本、長島県。酪農を営む小野一家が住む大葉町の東方沖にマグニチュード8.3の大きな地震が発生。幸い震源地から20キロ以上離れていた小野家の被害は少なかったが、大葉町には古くに建てられた原子力発電所があり・・・といった話。


これまで眼に見えるカタチでの暴力を極限まで描いてきた監督が、眼に見えない暴力とそのタブーに迫った結構な問題作。震災後の現地に何度も訪れ、取材を重ねに重ねた上で物語を形成しているためか、一般的なドラマとしての組み立てはあまり成されておらず、起こってしまった出来事に立ち向かう一家の姿をそのままのカタチで映し出している。本来、人の感情や発する言葉に法則などはなく、バラバラな積み重ねによって生きているわけだが、本作はそういった人間性をそのままの近いカタチで演出(元々監督の作品はそういった感じではあるが)しており、人によっては掴みどころのない展開に戸惑うかもしれない。だが、だからこそ彼らの姿にいつの間にか観ているこっちの感情がむきだしになっていく。理屈や言葉では言い表しにくい、そんな感情が。

いいとか悪いとか、正義とかなんとか、そんな訴えかけをしている作品ではない。出会ってしまった悪魔に懸命に立ち向かう一家の姿が描かれているだけだ。何を想い、何を感じ、そこから何を見付けるか、それは観た人それぞれが見付けるべき、そんな作品といえるだろう。
スポンサーサイト

映画的雑記 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

ホーム

黒ねこ時計 くろック D03

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

雑記(気になった事など)

【訃報】「トップガン」をはじめとする数々のアクション映画を手掛けてきたトニー・スコット監督が亡くなった。しかも自殺であるという可能性が濃厚と報道されている。もちろん他人の心の中が分かるはずもないんだけど、いい意味で頭を使わずスカッとする大作を連射(ここ最近は快作が多かった)してきた監督だっただけに、「何故?」という思いがどうしても頭から離れない。ホント人の気持ちは複雑なのだと実感する。ご冥福をお祈りします。

プロフィール

ひだっちょ

Author:ひだっちょ
埼玉在住のおっさん(パソコンは初心者)
性格:人見知りが激しく偏屈(ヒドイね)
趣味:映画(ホラー以外何でも)
定期購読誌:「映画秘宝」
        「HYPER HOBBY」
TV番組の好み:お笑い番組全般と特撮番組をよく観る.アニメ・ドラマは少々
好きな映画:「グラン・ブルー」
        「あの夏いちばん静かな海」
好きな戦隊:「タイムレンジャー」
        「メガレンジャー」
好きなライダー:「クウガ」「電王」
※個人的に「パワーレンジャー」の日本放映を願っている(切実に!)

カテゴリ

未分類 (16)
映画的雑記 (67)
特撮・玩具的雑記 (28)
雑多雑記 (24)
映画/年間ベスト&ワースト (4)
映画/洋画/2012 (1)
映画/邦画/2012 (1)
映画/洋画/2011 (15)
映画/邦画/2011 (6)
映画/洋画/2010下半期 (47)
映画/邦画/2010下半期 (52)
映画/洋画/2010上半期 (47)
映画/邦画/2010上半期 (49)
映画/洋画/2009下半期 (59)
映画/邦画/2009下半期 (55)
映画/洋画/2009上半期 (61)
映画/邦画/2009上半期 (46)
ミニプラについて (3)
ミニプラ/特命戦隊ゴーバスターズ (6)
ミニプラ/海賊戦隊ゴーカイジャー (6)
ミニプラ/天装戦隊ゴセイジャー (16)
ミニプラ/侍戦隊シンケンジャー (11)
ミニプラ/炎神戦隊ゴーオンジャー (6)
ミニプラ/獣拳戦隊ゲキレンジャー (9)
ミニプラ/轟轟戦隊ボウケンジャー (6)
ミニプラ/魔法戦隊マジレンジャー (5)
ミニプラ/特捜戦隊デカレンジャー (10)
ミニプラ/爆竜戦隊アバレンジャー (7)
ミニプラ/忍風戦隊ハリケンジャー (5)
ミニプラ/百獣戦隊ガオレンジャー (4)
ミニプラ/未来戦隊タイムレンジャー (3)
ミニプラ/救急戦隊ゴーゴーファイブ (4)
ミニプラ/星獣戦隊ギンガマン (3)
ミニプラ/電磁戦隊メガレンジャー (3)
ミニプラ/激走戦隊カーレンジャー (2)
ミニプラ/超力戦隊オーレンジャー (2)
ミニプラ/忍者戦隊カクレンジャー (1)
ミニプラ/五星戦隊ダイレンジャー (2)
ミニプラ/恐竜戦隊ジュウレンジャー (1)
ミニプラ/鳥人戦隊ジェットマン (1)
ミニプラ/地球戦隊ファイブマン (3)
ミニプラ/超獣戦隊ライブマン (2)
ミニプラ系玩具/1987年度以前 (2)
DX版玩具/戦隊シリーズ (31)
玩具/レジェンド戦隊シリーズ (7)
森永/戦隊メカセレクション (11)
ミニ合体/戦隊ロボシリーズ (14)
カプセル合体/戦隊シリーズ (15)
仮面ライダーウィザード/玩具 (7)
仮面ライダーフォーゼ/玩具 (20)
仮面ライダーオーズ/玩具 (23)
仮面ライダー/玩具 (21)
ウルトラマン/玩具 (12)
ムゲンバイン/食玩 (18)
もじバケる/食玩 (7)
カバヤ/食玩 (21)
リボルテック (20)
スーパーロボット超合金 (8)
勇者シリーズ/玩具 (3)
やまと/群雄シリーズ (9)
その他の玩具 (27)

FC2カウンター

検索フォーム

リンクバナー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。